シェアハウス

シェアハウスとは?

シェアハウスとは、1つの住居に複数人が住める家のことです。それぞれの部屋ごとに、個別で賃貸契約を結びます。リビングやトイレなどは共同で使うことになりますが、プライバシーを考えた部屋になっていることが特徴です。

シェアハウスは、住居としてだけでなくそれ以外の目的で集まっていることもあります。管理する大家は、コンセプトを決めてから住人を集めることもあるのです。

住居として利用するシェアハウスの多くは、男性用と女性用で性別を限定しています。共同で使うスペースがあるので、プライバシーや風紀の問題から分けているのです。一人暮らしに不安がある女性は、シェアハウスに住むことで不安を解消できます。

コンセプトがあるシェアハウスとは、シングルマザー同士で助け合うためや同じ趣味同士で集まるなどが目的です。同じ分野で活躍する人達で集まり、住みながら意見交換などをしています。

語学の勉強や国際交流のために、国籍を問わないシェアハウスにすることも可能です。

シェアハウスを経営するうえでのメリットとデメリット

メリットについて

シェアハウスを経営するうえでのメリットは収益性を高められることや空室リスクに強いこと、さまざまなニーズがあることが挙げられます。

一つの家を複数人に貸しているので、家賃は少なく設定していても、それぞれから家賃が入るので総収入も高くなるのです。

管理する家は一つでも収入源が大きくなることから、費用対効果は高いと言えます。改修して設備が良くなれば家賃を高くすることもでき、収入を大幅に上げることも可能です。

また、誰かが住んでいる限り空室になることはありません。一時的に利用したい人や交流を目的にしているなど、通常とは異なるニーズで活用することができます。イベントを開催するためにスペースを貸し出すことも可能です。

デメリットについて

シェアハウスのデメリットは、入居者間のトラブルと管理する人数が多いこと、ターゲットが限定されることになります。

他人同士で住むため、トラブルになった場合は解決していかなければなりません。しっかりとルールを決めておき、入居の際に説明することが大切です。また、定期借家契約にすることでトラブルの多い人対策をすることができます。

管理する人数が多いので、その分管理や苦情の件数が多くなるのもデメリットです。住人同士で解決できない場合は、大家が仲裁に入る場合もあります。

さらに、シェアハウスに住むのは単身者で若い世代の人が多いので、ターゲットが限定されてしまうのです。よって、人が集まりにくい地域の場合は、シェアハウスにしても住居人が集まらない可能性があります。

空き家をシェアハウスとして有効活用するための準備

空き家を持っている場合は、シェアハウスにすることで有効活用できます。必要な条件として、他人が住むための独立した個室が必要です。また、共同で使うスペースは複数人が使えるようにしなければなりません。

個室一部屋の広さは4畳半から8畳ぐらいが必要になります。共同スペースが生活空間となる場合は、個室の広さは問われませんがある程度の大きさが必要です。

また、家具や電化製品などの備え付け物件が人気になります。よって、ベッドやクローゼット、インターネット回線端子などがあるといいでしょう。

個室に小型のテレビや冷蔵庫があると、入居者が入りやすいです。個室にはセキュリティーを徹底するために、鍵を付けるようにします。

シェアハウスで起きるトラブルの一つに盗難がありますが、個室に鍵を付けることで回避できるでしょう。カードキーだと、ピッキングなどの被害が出にくいです。

共同で使うスペースは、複数人が食事できる大型の机と椅子を配置していきます。大きな共用冷蔵庫なども必要です。

シェアハウス経営の流れとは

シェアハウスを経営するためには、ターゲットやコンセプトを決めることが重要です。

共同で使うスペースや設備を豪華にするのか、個室の設備を充実させるのかなどで、アピールポイントも変わってきます。

ターゲットなどを決めたら、まずはそれに合わせたリフォームからです。その後、物件情報を発信して入居希望者へ案内と契約をしていきます。

シェアハウスの管理では、自分で行うのか管理委託をするのかを決めなくてはなりません。

自分でする場合は、内部清掃やトラブル対処などをする必要があります。全てを管理するのは大変ですが、利益を得やすい方法です。

管理委託をする場合は、管理してもらうので費用は掛かりますが精神や体力での負担がありません。シェアハウスの経営に不安がある場合は、ノウハウがある管理会社に任せるのも一つの手段なのです。