ローンを完済しないと不動産売却はできない!?

転勤や子どもの成長などライフスタイルの変化で住み替えを考えている方も多いでしょう。その時一番に考えるのは、「住宅ローンを完済していないのに自宅を売却できるか?」ということではないでしょうか。

住宅ローンの返済は長期に渡ることがほとんどなので、家を買い替える時に支払いが終わっていないケースの方が多いです。

ローン残高があってももちろん不動産の売却はできますが、そのためには「残りの住宅ローンを一括で支払う」ことが条件になります。

住宅ローンを組む時に金融機関が抵当権を付けているので、それを抹消しなければ不動産は売却することはできません。

住宅ローンを全額返済するための方法として、不動産を売却したお金や手持ちの預金を返済に充てることが考えられますが、一括で返済できない時は不足分を補わなければいけません。

この時不動産をできるだけ高く売ることができれば、不足した資金に回せる可能性が高くなり、ローン残高を上回れば新たな不動産の購入にプラスできます。複数の不動産会社で査定をしてもらい、できるだけ高く売却してくれる信頼が置ける会社を見つけることが大切です。

買い替えローンとは!?余裕があれば検討してみよう!

買い替えローンとは、住宅ローンの残高を新しく購入する住宅ローンと一緒にできるというものです。

このローンは、不動産の売却と購入を同時に進めていくことになるので、どちらも契約が確実でなければ利用することはできません。

また新しく購入する不動産にローン残高を上乗せする形になるので、今よりもローンの返済が多くなり、融資を受ける金融機関の審査も厳しくなり借りることができない可能性もでてきます。

またオーバーローン状態なので、もし返済ができなくて不動産を売却することになっても、資金が全然足りないことになります。

どうしても家を売りたいと考えている方には便利なローンですが、仮に審査に通っても実際に返済していけるかどうかを慎重に検討することがポイントです。

買い替えローンを目的を持って利用することは問題ありませんが、今でもローンの返済が苦しい場合は、新しくローンを借りても返済が大変になることは予想されます。

ローン滞納!?任意売却の検討も…

ローンの返済ができなくて滞納が続いた場合、融資を行った金融機関は不動産を差し押さえてお金を回収しようとします。

競売にかけられると強制的に住居を明け渡さなくてはならず、とても安い価格で売却されてしまいます。このような事態にならないために、金融機関に了承を得て自ら不動産を売却することを任意売却と言います。

任意売却は、住宅ローンを一括で返さなくても不動産を売ることができる方法です。

ローン残高が残っていても抵当権を抹消してもらえ、市場の相場に近い価格で売却が可能などメリットがたくさんあります。

どうしても住宅ローンが返済できなくて困っている場合は、このような売却の方法もあることを知っておくと良いでしょう。ローンの残高は、保証会社から金融機関に支払われることになります。

ただ任意売却の注意点として、ローンの返済を滞納すると金融機関の事故者情報に登録されることになり、色々なローンが組めなくなります。また抵当権は外れますが、ローンがなくなるわけではありません。売却で得たお金は、債権者と相談して支払い続けなければいけません。

まずは銀行や不動産会社に相談!売却は慎重に検討

通常ローン残高のある不動産を売却するには、一括返済して抵当権を外さなければいけません。ローンの返済資金が足りない時や返済自体が苦しい場合は、買い替えローンや任意売却という手段もあります。ただどちらもメリット・デメリットがあるので、まずは銀行や不動産会社に相談して、リスクが少ない方法を選んでいくことが大切です。