ワンルームマンション

不動産投資の豆知識をご紹介!失敗を避けるための方法とは?

投資用マンションのチェックポイント

不動産投資を始めるときは、どのような物件を選ぶかによってその後の明暗が左右されます。

価格が比較的お手頃で一般の方が手を出しやすいのが、例えばワンルームマンション。購入時の費用が抑えられることから、多くの方がワンルームマンションを利用した投資を始めています。

ワンルームマンションは、立地を選べば借り手が見つかりやすい物件でもあります。

単身者が多く居住する地域の物件を選べば、コンスタントに借り手が見つかる可能性は高いです。

駅に近いかどうかや、周辺環境などは1つのチェックポイントになるでしょう。駅近の物件は、やはり人気が高め。新築や築年数の浅いマンションも、借り手がつきやすい物件です。建物のメンテナンスや管理がきちんと行われているか否かも、1つのポイントになります。

物件の価格と家賃のバランスが重要

ワンルームマンションへの投資を成功させるには、投資する額と想定される家賃収入のバランスを考えることが必要。

例えば地方のワンルームマンションを購入する時には、地元の不動産業者からも情報を得ておくと安心。

地方の物件は価格が安いのが1つの利点です。しかしながら、不動産の相場そのものが低い地域では後に得られる家賃収入の金額も下がります。従って、必ずしもメリットが大きいとは言えないのが、難しいところです。

街中のワンルームマンションは投資するときの価格もそれなりに高くなりますが、家賃の相場も高いため、思いのほか利回りのバランスが良いのが1つの特徴です。

売却する際の価格をイメージ

不動産投資では、購入時のローンをすべて完済し、完全にその物件を所有したときに、はじめて本来の利益が得られるようになります。ローンがなくなった時点で物件を売却すれば、一気にお金が入ってきます。

ただ、それまでの投資に対してどの程度の利益が出るかは物件次第。安い価格でしか売れない物件は、投資した金額に見合うだけの利益が得られなくなります。このようなケースが起こりやすいのが、築年数が経過した中古のワンルームマンションです。

リフォーム済みなどのプラスアルファのメリットがない限り、中古の物件は年々市場価値が下がっていきます。

従って、中古のワンルームマンションを投資に利用するときには、幾らで売れるかという点をイメージしておく必要があります。

こういった中古のワンルームマンションの場合は、ローンが残っている段階で繰り上げ返済をしてしまうのも1つの方法。物件の価値が下がらないうちに売却を考えることで、最高値で売れる可能性が出てきます。

家賃保証のサービスを利用する際のメリットとデメリット

空き室や居住者による家賃の滞納は、不動産投資につきもののリスクです。この手のリスクを最小限に抑えてくれるのが、家賃保証のサービス。

多くの場合、家賃保証はサービス側が居住者との間に入りその物件を借り受ける形で家賃の保証を行います。従って、空き室や滞納によって家賃収入が途絶えるといった問題を減らせるのが大きなメリットです。長期的な安心が得られるため、不動産投資を始める方の間でも人気があります。

デメリットとしては、借り手が見つからない場合にサービス側から家賃を下げるように求められることなどが挙げられるでしょう。

家賃保証は不動産投資を始めるに当たって非常に便利なサービスですが、契約をする前に内容についてよく確認しておくのがベストです。保証料が発生する場合は、特にメリットとデメリットのバランスを考えておきましょう。

不動産投資に関するセミナーが各地で開催されています

不動産投資のノウハウを知るための方法は、いろいろあります。例えば各地で開催されている不動産投資に関するセミナーは、プロが素人にも分かりやすいように投資の知識を伝授するイベント。

ワンルームマンションなどの人気の投資用物件を例に挙げて、役立つ情報をプロが提供していきます。自治体などの公的機関が企画するセミナーであれば、偏りのない情報が期待できるでしょう。

セミナーに参加をするときには、イベントの主催者がどのような団体または個人であるかをチェックしておくことをおすすめします。

中立的なアドバイスが得られるセミナーを利用するのがコツです。このような不動産投資のセミナーは非常に増えており、内容にもバリエーションが見られます。講師の経歴などは、キャリアや専門性を知る上でも1つの参考に。信頼できるようなセミナーを選んで、不動産投資を成功させるための力をつけていきましょう。