不動産の名義書換登記の種類には何がある?登記の必要書類と方法は? | OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア

不動産の名義書換登記の種類には何がある?登記の必要書類と方法は?

不動産の登記
不動産を所有していると、いろいろな場面で名義書換の登記が必要になります。不動産の名義移転によって登記が必要になるケースには、どのようなものがあるのでしょうか?

また、それぞれについての必要書類も知っておくと役立ちます。そこで今回は、不動産の登記の種類と必要書類、登記の方法について解説します。

不動産の登記とは?

不動産を所有していると、登記が必要になることが多いです。たとえば不動産を入手するときには、前の所有者から所有権の移転登記をしてもらう必要があります。

不動産の登記とは、不動産の内容や所有者、抵当権の設定などを表示するための方法です。

登記を見ると、その不動産の広さや種類、建物の構造や造り、築年数などが明らかになりますし、現在の所有者や過去の所有者、抵当権設定の有無槍歴も明らかになります。

たとえば売買契約をするときに、登記を見ると、対象の物件がどのようなものかがわかりますし、相手が本当に権利者かどうかも確認することができます。

このように、不動産の登記は、不動産に関して安全に取引することを目的にした制度です。

そして、不動産の所有者が変わったら、名義書換をしますが、不動産の名義書換というのは、不動産の所有権を移転してもらう登記のことです。このような登記のことを、所有権移転登記と言います。

名義書換の登記の種類

不動産の名義書換が行われる場合には、どのようなケースがあるのでしょうか?以下で不動産の所有権移転登記の種類を照会します。

1つ目は、売買が原因のケース

不動産の売買が行われたら、売主から買主へと不動産の所有名義が移転します。

2つ目は、贈与が原因のケース

不動産が贈与されたら、贈与者から受贈者(贈与を受けた人)へと不動産の所有名義が移転します。

3つ目は、相続のケース

相続が起こったら、被相続人から相続人へと不動産の所有名義が移転します。

最後が離婚にもとづく財産分与のケース

離婚の際には財産分与として不動産が分与されることがありますが、この場合にも分与する人から受ける人へと所有名義が移転します。

登記の方法

それでは、これらの名義書換の登記をするときには、どのような手続きが必要になるのでしょうか?

この場合、法務局に対し、登記申請書を提出することが基本となります。どの原因にもとづく場合であっても、不動産が存在する場所を管轄する法務局に登記申請をしたら、名義書換の所有権移転登記ができます。

このとき、必要書類の添付と登録免許税の支払いが必要になります。問題がなければ、登記申請が受け付けられて、新しい所有者に対し、登記識別情報が交付されます。

登記の必要書類

以下では、不動産登記の必要書類を確認しましょう。

相続登記のケース

相続のケースでは、以下の通りの書類が必要です。

基本の書類
  • 被相続人の出生から死亡するまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍
  • 被相続人の住民票の除票(または戸籍の附票)
  • 相続人全員分の戸籍謄本
  • 新しい所有者の住民票
  • 固定資産評価証明書(名義変更をする年度のもの)
  • 相続関係説明図
  • 登記申請者が作成して提出する必要があります。

  • 登記識別情報
  • 遺産分割によって名義変更する場合
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員分の印鑑証明書
  • 遺言によって名義変更する場合
  • 遺言書
  • 検認調書(公正証書遺言以外の遺言の場合)
  • 売買のケース

    売買を原因として名義書換登記をする場合、以下の書類が必要です。

  • 登記識別情報
  • 売主の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 買主の住民票
  • 固定資産評価証明書(名義変更する年度のもの)
  • 売買契約書など売買契約を証明する書類
  • 贈与のケース

    贈与によって名義書換をするときには、以下の書類が必要です。

  • 贈与者の登記識別情報
  • 贈与者の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 受贈者の住民票
  • 固定資産評価証明書(名義変更する年度のもの)
  • 贈与契約書など、贈与を証明する書類
  • 離婚にもとづく財産分与のケース

    離婚にもとづく財産分与のケースでは、以下の書類が必要です。

  • 土地の登記識別情報
  • 財産を分与する人の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
  • 財産分与を受ける人の住民票
  • 固定資産評価証明書(名義変更する年度のもの)
  • 協議離婚合意書など、財産分与を証明する書類
  • 戸籍謄本(離婚を証明するために必要)
  • まとめ

    以上のように、不動産の登記は不動産の状態や所有者を証明するために非常に重要なものです。各種の原因によって所有者が変わったら、早めに名義書換の登記をしましょう。

    不動産査定サイトおすすめランキング

    

    このページの先頭へ