不動産を早く売りたい!そんな時に確認すべき点まとめ | OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア

不動産を早く売りたい!そんな時に確認すべき点まとめ

不動産が売れるまでの期間に関しては、物件によって大きく差が生じる部分で、売り出しを行ってからタイムリーに該当する物件を欲しがっている方が現れた場合では、1週間や2週間などの非常に短期間にて売却することができる可能性があります。

普通の媒介契約の場合では3ヶ月間に限定されていることもあるので、長くかかったとしても3ヶ月間を目安にして売ることを考えることも間違いではありません。

しかし、人によってはどうしても早く売りたいと希望している場合も多く、早急にまとまった資金を必要としている方も存在しています。

早く売りたいときのポイントに関して…

不動産会社選びを慎重に行う

いくら高い査定額を出している不動産会社であっても、肝心の営業能力が無い場合では売れ残ってしまうことが目立ちます。

十分な宣伝能力を持っているかどうかを判断する必要もあり、例えば店舗での宣伝の他にチラシでの宣伝方法、現在ではインターネット上で物件の宣伝を行う方法も用意されているので、早く売りたいと考えている方ならば、多くの宣伝方法を持っている不動産会社に任せることにメリットを感じることができます。

物件を見直す

一軒家などを売却することを考えている方のケースでは、できる限り一軒家を綺麗に見せる方法で早期に売ることができる場合もあります。

汚くて古い物件の場合では、買い手を見つけることが困難になってしまうことも多く、お手入れを十分に行う方法で早く売れる可能性が高まります。

リフォームも視野に入れることも一つの方法

外構関連を綺麗に施す方法や、室内空間を見直して、クロスの張り替えや床材の張り替えなどを行うことで早期に売れる場合もあります。

ただし、中古物件の場合では、リフォームをしない代わりに安く購入することができるメリットもあるので、リフォームに関しては最低限必要な範囲にとどめておくなど注意が必要です。

どうしても早く売りたいを考えている方ならば…

売り出し価格を調整することも一つの方法

あまりに高い価格で売ってしまった場合では、なかなか買い手が見つからないケースも多々あるので、査定額を低く設定した状態にて売り出すこともポイントとして挙げることができます。

このような状態でも売れ残ってしまうようであれば、物件を更に見直す必要があり、例えばあまりに古くなってしまった住宅が建てられている場合では、解体を行った上で土地だけを売却する方法もあります。

逆にリフォーム可能な箇所を持っている物件の場合では、思い切って最新の設備機器の住宅に変える方法で早期に売ることができる場合もあります。

まとめ

不動産の売り方については、素人では簡単に理解できない部分もあります。物件のある地域によっても販売スタイルが変わる可能性もあるので、優れた不動産会社を見つけて随時相談を行うことで、短期間にて売却を済ませられることも多いので、不動産会社の方と十分な話し合いを行った上で、物件のあり方を検討するようにしましょう。

不動産査定サイトおすすめランキング



このページの先頭へ