賃貸経営

不動産を活用する方法としては、賃貸経営が人気です。賃貸経営をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?また、デメリットやリスクもあるなら知っておく必要があります。そこで今回は、不動産の活用方法の1つである、賃貸経営のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

不動産賃貸のメリット

不動産を賃貸する場合には、アパートやマンションとして賃貸する方法、オフィスビルとして賃貸する方法などが一般的です。以下で、そのメリットを見てみましょう。

長期安定して家賃収入が得られる

アパートやマンションを経営すると、うまくいけば毎月安定的に家賃収入を得ることができます。また、建物の耐久期間は長いので、長期に渡って賃料が入ってくることもメリットです。老後の生活や年金代わりに賃貸経営をする人もたくさんいます。

相続税対策になる

土地や建物を賃貸に出すと、貸している土地や建物の相続税評価額が大きく下がります。借地権や借家権の価値の分を不動産の価格から引いてもらえるからです。

土地上に建物が建っている場合、借地権割合と借家権割合を引いてもらえるので、土地の相続税評価額が2割程度低くなります。このように、賃貸経営をすると、相続税の節税対策ができる点がメリットです。

固定資産税、都市計画税が減税される

土地上に建物を建てると、固定資産税と都市計画税が減税されます。土地上に建物がある場合には、これらの税金の特別控除が行われるからです。

そこで、土地を更地で所有しているのであれば、土地上に賃貸マンションやアパートを建てると節税につながります。

初期費用が意外と少ない

賃貸経営をすると、投資がかさむイメージもありますが、意外と初期費用を少なく済ませることができます。ローンを組んでも、経営を始めた後は賃料によって支払いができるので、ほとんど持ち金がなくても賃貸経営を開始出来ますし、運営費もかかりません。

万が一のときの保険になる

不動産を所有していると、自分に万が一のことがあったときに不動産を資産として家族に残すことができます。また、住宅ローンを設定した場合、住宅ローンには団体信用生命保険がついているので、完済していない状態で死亡したときには住宅ローンは完済された扱いになります。

よって、家族はローンの負担をせずにマンションやアパートを相続して、賃料収入を得ることができますし、売却したらまとまった現金を得ることもできます。このように、賃貸住宅を経営すると、心強い家族のための保障になります。

不動産賃貸のデメリット

次に、不動産賃貸のデメリットを見てみましょう。

空室のリスクがある

賃貸経営をするときにどうしても避けにくいのが、空室リスクです。空室が増えると賃料収入が減るので、ときにはローンを支払えなくなるおそれもあります。空室を増やさないためには、物件の購入の際、立地条件に注意したり賃料設定に工夫したりすることが大切です。また、設備が充実しているかどうかも空室率に影響します。失敗しない賃貸経営をするには、よい不動産業者に相談しながらすすめていくことが大切です。

管理費用がかかる

賃貸住宅を経営するときには、管理費用がかかります。不動産の管理会社に支払う費用も必要ですし、修繕などが必要になったらその費用もかかります。賃料収入があっても、全額が手元に残るわけではないので、注意が必要です。

老朽化のリスク

建物の老朽化についても考えておく必要があります。老朽化すると、入居者を見つけることも難しくなってきますし、家賃も下げざるを得なくなります。さらに、修繕などが多く必要になって経費もかさんできます。賃貸経営を始めるときには、将来にわたっての長期的なスパンでコストを考えて、収支計画を立てる必要があります。

災害のリスク

賃貸経営をするとき、建物を火災、地震などの自然災害で、建物が倒壊、消失してしまうリスクがあります。火災保険など、保険には加入しておきましょう。

売却しにくい

賃貸経営をしている場合、急に現金が必要になっても、自分の都合だけで売却することが難しいです。入居者が入っている前提になると、価格を下げられてしまうことも多いのです。また、賃貸借経営が終了してから売却しようとして待っていると、売り時を逃してしまうこともあります。

最後に

以上のように、賃貸経営にはメリットとデメリットがありますが、上手に経営をすると、得られる利益が大きい魅力的な活用方法です。今回の記事を参考にして、上手に賃貸経営を行いましょう。