査定から売り出しまでにかかる期間は?

不動産の売却を検討する際、まず重要になることは価格を知ることです。不動産の価格には合理的な基準というものはありませんから、様々な条件を加味しながらその価格を判断することが必要です。

そのためにも、あらかじめ自分で大まかな相場価格を知りましょう。例えばインターネットの一括査定サイトなどを利用したり、また不動産会社で机上査定を行ってもらう方法があります。訪問査定を行うとより正確な価格を知ることもできます。

特に重要なポイントは、信頼できる不動産会社を探すことです。

不動産の売却は個人で行うこともできますが、法律や税金に関する様々な知識も必要となるため自分で行うのは困難なケースも多いでしょう。不動産会社は購入者を探すだけでなく、そういった取引全体のサポートをする役割も持っているのです。

そうして信頼できる不動産会社を見つけたら、媒介契約を結ぶことになります。この媒介契約は売主と不動産会社との間で仲介手数料などを契約で明確にし、仲介業務に関するトラブルを未然に防ぐために行うものです。そのため内容をきちんと理解しておくことが大切です。

売り出しから買い手が決まるまでどのくらいかかるのか…

少しでも早く売りたいという場合には、不動産会社の査定価格に近い価格にするとよいでしょう。一方で少し時間がかかってもいいからできるだけ高く売りたい、という場合には査定価格よりも自分の希望価格に近い価格で売り出すのがおすすめです。

また販売活動を開始したら、購入希望者が内覧に訪れるようになります。このときに物件の掃除が行き届いていなかったりするとマイナスイメージとなってしまいます。荷物の片付けや掃除などの準備は早めにしておくとよいでしょう。

購入希望者が現れると、具体的な条件の交渉をすることになります。購入者側にも希望の購入価格がありますし、また引き渡し時期や代金の支払い日といった条件についても調整を行います。

その際には重要事項説明という物件や契約条件などにかかわる重要事項の説明が義務付けられています。後々のトラブルを防ぐためにも丁寧な説明を心がけることが大切です。

事前の準備でスムーズに…契約から引き渡しまでの期間

この引渡しまでには様々な準備が必要です。例えば登記に関する書類を用意したり、引越しする場合には引渡しまでに退去をすませなければなりません。

賃貸物件で賃借人がいる場合には引渡しまでに退去してもらえるようにしておくことも大切です。特に賃借人の退去をめぐって引き渡しが遅れることもよくあることですので気をつけましょう。

そのほかにも買い主へ渡さなければならない建築関係の書類の用意や固定資産税や都市計画税、公共料金の精算もしておく必要があります。

引渡し当日には売却者と購入者が不動産会社や金融機関などに集合し、購入者による残代金の支払や住宅ローンを利用する際の融資の実行と登記の移転が同時に行われます。そして売却者は不動産会社と結んだ媒介契約に基づいて仲介手数料を支払うことになります。

なかなか売れない…売り主がとるべき対策とは!?

一定の期間が経過してもなかなか売れないといった場合には、もう一度販売活動を見直しましょう。特に物件の周辺の市場動向や購入希望者との交渉における反応などを踏まえながら売れない原因を分析することが大切です。不動産会社としっかり協議するようにしましょう。