不動産売却時にかかる費用には何がある?各費用に相場はあるの? | OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア

不動産売却時にかかる費用には何がある?各費用に相場はあるの?

不動産売却時にかかる費用

不動産売却をする時にかかる費用について

不動産を売却する場合には様々な費用が発生するのですが、そもそも不動産売却の際に発生する費用はどのようなものがあるのか知らないという人も多いです。また、それぞれの費用がどの程度かかってくるのかその相場についても知っておかなければ損をしてしまうことが多いので注意が必要です。

まず不動産売却をする時に一番にかかってくるのが仲介手数料と呼ばれるもので、ほとんどのケースでかかってくる費用のひとつです。これは名前の通り不動産売却をする際に不動産会社に支払う成功報酬のようなもので、支払う事で売り手にも買い手にもトラブルなく売買が成立するための費用となっています。

ただし支払うのはあくまでも売買契約が成立した時なので、仲介に失敗してしまったという場合には発生しないという特徴もあります。

仲介手数料は計算式が存在しているので自分たちでも計算する事ができるようになっていて、「(契約時の売却価格×3%+6万円)+消費税」となります。

ちなみに3%と6万円という数字は宅建業法という法律で決められている不動産会社が設定できる仲介手数料の上限なのですが、場合によっては6万円以上請求される事もあるので注意が必要です。

これらの事を踏まえて仲介手数料の相場としてはどの程度なのかというと、実は相場というものは存在しません。

…と言うのも仲介手数料は実は不動産会社によっては無料となっている事もありますし、計算式があるため売却する不動産の価格によって算出される価格が決まってくるからです。

なので、自分たちが売却する不動産の売却価格を計算式に当てはめながら、妥当なのかどうかを確認する事が大切です。

仲介手数料以外にかかってくる費用

  • 売買契約書にかかる税金である「印紙税」
  • 売却の対象となる不動産に抵当権が設定されている場合にその登録を抹消するための「抵当抹消登記費」
  • 不動産売却により利益が出た場合の譲渡所得にかかる税金である「譲渡税」
  • 売却の準備のために土地の面積や隣人との境界線の測量を行うための「測量費」

…などが挙げられます。

これらは必ずかかってくると言うわけではないのですが、状況によっては負担しなければいけないものとなっているので、自分たちが不動産を売却する際にどれを負担する事になるのか確認しておく必要があります。

そしてそれぞれの費用の相場としては、印紙税は売買金額によって固定額となっているためこちらも相場はないですし、抵当抹消登記費の場合は物件1つにつきおよそ1000円程度と決まっています。

ちなみに登記する場合も同じように物件1件につきおよそ1000円を負担するようになります。

また譲渡税の場合も不動産売却の価格や特別控除額を控除して得られた課税譲渡所得の内容・期間によって異なってきます。

測量費については測定する土地の広さによって違っているのですが、最低でも30万円以上かかる事が多いとされているのでかなり高額なコストがかかってくる部分となっています。

まとめ

このように基本的に不動産売却にかかってくるものに関しては、いずれも売却される不動産の価格によって決まっているか固定金額となっている事がほとんどだと言えます。

そのため全体的に比較するための相場が決まっていないと言うところが特徴となっているので、それぞれの料金が妥当かどうかを比較すると言う場合はそれぞれの料金の計算に用いられる算出方法を参考にしながら自分たちで判断する事が大切になってくるのです。

さらに引越しに関するコストとしてハウスクリーニング料金・リフォーム料金・解体にかかる料金など、不動産を売却する事に間接的に関わって発生してくるコストも考えなければいけません。

不動産査定サイトおすすめランキング



このページの先頭へ