不動産投資

人気の不動産投資を成功させるには?失敗事例から教訓を得よう!

注目されている不動産投資

不動産投資は、比較的トライしやすい資産形成の方法として注目を浴びています。元手となる手持ちの資金が少なくても、金融機関から融資を受ければ不動産投資をスタートすることができます。

実際、金融機関の融資や住宅ローンなどを利用して不動産投資を始める方は非常に多いです。このような方法であれば、大きなお金を動かすことなく投資用の不動産が手に入ります。

不動産投資の中でも特に多いのが、賃貸用の不動産を購入するパターンです。交通の便に恵まれた場所ではマンションやアパートなどのニーズが高いため、借り手が見込める物件が数多く見つかります。

不動産投資をサポートする企業が積極的に顧客に勧めているのも、こういった交通至便な場所にある物件です。

順調に借り手が見つかり月々の家賃収入が得られれば、融資や住宅ローンの返済も滞りなく進みます。年金を補うために不動産投資を始める方も少なくなく、中高年世代にとっても財テクの1つとなっています。

不動産投資のメリットとは?

サラリーマンが資産形成を試みる場合、幾つかの方法が考えられます。例えば、何らかの副業を始めるのも1つの方法となるでしょう。

しかしながら、時間が限られている状況では収益を上げられるような副業を本業と同時進行で行うことは難しい場合も…。

不動産投資は、こういったジレンマを抱えている方から特に評価されている資産形成の方法です。理想に適う物件を手に入れて借り手が見つかれば、その後はほとんど手を煩わすことなくプラスアルファの収入が得られます。

半ば不労所得のような形となりますので、高齢の方にとってもメリットは大きくなるでしょう。

物件を購入する時に融資や住宅ローンを利用している場合は、税金面でもメリットが得られる可能性が出てきます。特例が適用されるケースもあり、運が良ければ手元に残る収益が多くなる点も見逃せないメリットに。

投資用物件の管理を行うサービスも登場しており、オーナーに求められる細かい雑事をすべてプロにお任せできるのが現在の不動産投資です。

なぜ失敗?不動産投資で陥りがちなパターンをご紹介

いろいろなメリットがある不動産投資にも、失敗事例はあります。


実のところ、借り手が見つかるかどうかは立地だけでなくタイミングにも左右されます。

公共施設や大型の商業施設などが新たに登場したことで、人の流れがそれまでと大きく変わってしまったというケースも…。

素人には予測不可能な場合があるのが、不動産投資の厄介なところです。

いずれのパターンも一因となっているのは、事前調査の不足です。不動産投資はプロにとっても一定のリスクを伴うもの。従って、素人が着手する場合は入念な下準備が必要になるでしょう。

デメリットとリスクを把握することが必要

失敗事例を知っておくことは、不動産投資を成功させる上でも非常に大切です。

金融機関から借り入れを行った場合は、借り手の有る無しに関係なく毎月返済を行う必要が出てきます。借りた金額が大きいと、月々の返済額も多くなる傾向があります。借り手が見つかるまでの間は、このような返済を自己資金を切り崩して行う必要があるのが1つのデメリット。

物件を管理する専門サービスを利用している時には、サービスの利用料金なども必要になってきます。

予想外の状況に慌てないために、物件の購入から収益が得られるようになるまでのステップを最初の時点で十分に確認しておきましょう。

不動産投資のサービスや金融機関のお墨付き物件でも、100パーセント借り手が見つかるとは言い切れません。ただ、このようなリスクは、さまざまな方向からその物件のニーズをチェックすることである程度抑えられます。デメリットとリスクは、不動産投資を始める際に最初に押さえておきたい知識です。

あらゆる方向から収益性をチェック!

これまでの失敗事例を参考にすると、不動産投資を始めるに当たって注意しておきたいことが分ってきます。

実例からヒントが得られることは多々ありますので、自分と似たような投資を行った方の事例をチェックしてみましょう。

失敗例と成功例を比較すると、明暗を分けるポイントが徐々に見えてくるでしょう。場合によっては、自治体などに問い合わせて情報を得るのも1つの案です。

土地勘のない場所にある物件は、特に慎重に判断を行うのがおすすめ

意外に役立つのが、地域情報などの小さな情報。そのエリアに居住する方や店舗を経営している方などに話を聞くことも役立つでしょう。プロのアドバイスを得ることは非常に大切ですが、自分でもしっかりと情報収集や調査を行っておくのが良い方法です。客観的に良し悪しを判断するためにも、いろいろな情報に触れておきましょう。