時間

とりあえず概算で…机上査定なら1時間程度

机上査定とは、物件の見学は行わずに周辺の類似物件の売り出し事例や成約事例といったデータや概要を参考にして査定金額を算出する方法です。査定にかかる時間はおよそ30分から1時間ほどです。

机上査定のメリットとしては担当者の主観が含まれない客観的なデータをもとに査定金額を算出するため、その物件のおおよその相場価格を知ることができる、という点が挙げられます。

また立会いをする必要がないため時間がかからないことや、査定において個人情報を開示する必要がないので査定後の勧誘に悩まされることもない、というメリットもあります。

一方で机上査定のデメリットとしては、机上査定はあくまでも書類上のデータからのみ推定した査定金額であるため、実際の査定金額と大きな誤差が生じることもあるということです。

マンションの場合はよほど室内に問題がない限り実際の価格との間に差が出ることはありませんが、一戸建ての場合には実際に訪れないと分からない周辺情報によって机上査定の金額と実際の価格の間に大きな誤差が出ることが多いとされています。

数日かかることもある!?訪問査定の場合

訪問査定は不動産仲介業者が実際に物件に訪問し、間取りやリフォームの必要性を調査したり道路と敷地の位置関係や境界の有無を考慮することで、机上査定よりもより精度の高い査定金額を算出する方法です。

訪問査定のメリットとしては査定において個別事情を反映しますので、より物件の実態に合った価格を算出できることが上げられます。とりわけ日ごろからきれいに使われている物件や、データには現れない立地上の利点があるような物件の場合には訪問査定してもらった方が金額が高くなることもあるかもしれません。

一方で訪問査定のデメリットとしては、やはり「時間がかかってしまう」ということが挙げられるでしょう。担当者の訪問が前提ですので、立会いのための時間を作らなければなりません。また直接的な影響のある話ではありませんが、「訪問査定を依頼すると近隣の住民に売却しようとしていることが知られてしまう」ということもあります。そのような事態を避けたいという場合には、事前に担当者にその旨を伝えておくことが大切です。

なんと1分以内の査定も!一括査定サイトの驚くべき速さ

不動産を売却する際には不動産会社に直接依頼するのが一般的ですが、それ以外にも事前にインターネットの一括査定サイトを利用してあらかじめ相場価格を知っておくという方法もあります。

とりわけ不動産は依頼する仲介業者によって査定価格にばらつきがあるものです。だからこそ相場価格を知るためには複数の業者に査定を依頼することが重要です。

しかし複数の業者に査定を依頼は手間と時間がかかるもの。そこで一括査定サイトを利用すれば、手軽で簡単に複数の業者に査定を依頼することができるのです。

査定にかかる時間はサイトや業者にもよりますが、早いところでは簡易査定が1分以内というところもあります。またそのまま複数社に同時に訪問査定を依頼することができるのも嬉しいポイントです。

一方で一括査定サイトのデメリットとしては、1つのサイトですべての不動産会社を網羅しているわけではない、ということが挙げられるでしょう。

状況に応じて使い分け!それぞれの査定方法の特徴

マンション売却に際してその査定金額を知るためには、様々な方法があります。とりあえず大まかな相場価格を知りたいというだけなら一括査定サイトを利用したり机上査定を依頼するのが良いでしょう。

また業者によってはあらかじめ机上査定を受けなければ訪問査定に応じてくれないところもあるので注意が必要です。

それぞれの査定方法によってかかる時間も異なりますし算出される金額も変わってきますので、状況によって査定方法を上手に使い分けるのがおすすめです。