どこに頼めばいい?無料で査定をしてくれる業者の種類

マンションや一戸建て・土地などの不動産を売却する場合、買主を自分で探すという方法もありますが、不動産会社や不動産仲介業者に依頼するのが一般的になっています。

この時大切なのが不動産会社選びです。なぜなら、不動産は需要と供給のバランスでその価値が常に変わっているので、市場の動向に精通しかつ信頼が置ける不動産会社を選ぶことは、売却の値段に大きく関わってくるからです。

少しでも有利な条件で売却をしたいなら、1社に決めず複数の不動産会社に査定をしてもらうことがポイントになります。

主な不動産の査定先

主な不動産の査定先として「大手不動産会社」・「地域密着型の不動産会社」・「不動産一括査定サイト」の3つがあります。

大手の不動産会社は実績も多く幅広く情報を持っているというメリットがあります。

また地域密着型の不動産業者は地域のことに詳しく、大手不動産会社が見逃しやすいその土地ならではの有利なポイントを知っている可能性があります。

不動産一括査定サイトは、一度に複数の不動産会社の査定額を見比べることができます。

不動産鑑定士に査定書を依頼する場合は手数料が発生

多くの方は、不動産を売却する時は通常不動産会社に依頼します。

土地の路線価などの作成もこの不動産鑑定士が行っています。もちろん一般の方でも、不動産の価格を評価してもらいたい場合は依頼できますが費用がかかります。

専門の鑑定士に依頼をするので、一番に気になるのはどのくらいの費用がかかるかです…。

一般的に都会よりも地方の鑑定事務所の方が高い傾向にあります。

理由として、都会は事務所の数がとても多いので価格競争が生まれ費用がある程度抑えられ、地方では事務所の数が少ないので競争が生まれにくく値段が高くなることが多いです。

不動産価格が1,000万円までは181,000円、1,000万円から1,500万円までは196,000円などと基準が設けてあるので、妥当な金額かどうか不動産鑑定士が提示する金額と見比べながら判断することができます。

査定額がバラバラ!?無料査定の注意点と売却額の決め方

いくつかの不動産会社に査定を依頼した時に、それぞれの会社で査定額がバラバラということは意外にも多くあることです。

理由として、それぞれの不動産会社で査定をする基準が違っていたり、査定する方の主観が入っていることが考えられます。

またどうしても契約に結び付けたいために、査定価格を高めに設定する不動産会社も中には存在します。

あまりに金額が揃わなくて、どの価格を信じて良いのか分からないと悩む売主の方も多いのではないでしょうか…?

ただ査定額に縛られる必要はなく、不動産を売り出す時はどの査定額でも自分の好きな金額で良いので心配いりません。買主が現れて価格交渉が行われた後に最終的な売却金額が決まるので、査定額は一つの目安として捉えておいて良いものです。

ただ、市場の相場に対して、大きく査定額を上回って売りに出してもなかなか売れないことがあり、逆に相場より安い金額では損をしてしまうので注意が必要です。

一括無料査定なら簡単!便利!

不動産を売却する時に適正価格を知ることは重要です。特に依頼する不動産会社を1社に決めてしまうのは注意が必要です。

なぜなら、売却の仲介を頼もうと考えている不動産会社が、たまたま「あなたが所有しているタイプの不動産の売買実績が少ない」ということもあり得るので、少しでも有利に不動産を売りたいなら複数の不動産会社で査定をしてもらう必要があります。

そのような時、インターネットで不動産の一括査定を行えるサービスを利用すれば、複数の業者の査定額を見比べながら検討できます。