中古マンション

中古マンション売却を成功させるためのコツについて

マンション売却を考えているならば、購入希望者に物件を見てもらうことも受け入れなければいけません。高い買い物ですから、自分の目で物件の状態を確認したいと言うのは当然のことだからです。そのときに、いかにして購入意欲を掻き立てることができるかが、売却を成功させるためのコツとなります。

内覧の準備について

内覧ではオーナーとしてどのような準備が必要なのかというと、一番大事なのは清潔に見せることが出来るかという点です。もちろん、一度人が住んだ物件ですから、新築と全く同様にと言うのは無理ですが、汚れや傷が傍目でわかるような状態では、敬遠されてしまいます。

傾きや隙間など物件そのものの問題は工事をしなければいけない箇所ですから急いでできることではありませんが、その他の部分であれば対処は可能です。手間を掛けてでも清掃していきましょう。特に購入希望者がチェックするであろう箇所は特に念入りにしておくようにしましょう。

リビング

まず、生活の中心となるリビングですが、物が雑然と置かれていたり、洗濯物が放り投げられていたりすると、部屋全体の印象が悪くなってしまいます。必要最低限のもの以外は置かないようにしておきましょう。売却後には引っ越さなければいけないので、持っていかない予定のものはこの機会に処分してしまえば、面倒を省けます。

壁紙

壁紙が日焼けしていたり、タバコのヤニなどで汚れている可能性もあります。張り替えてしまえばきれいな状態にする事はできますが、張り替えた柄を気に入るとは限りませんし、費用は売却費用に上乗せできませんから、ただ出費が嵩むだけになるかもしれません。自分で落とせる汚れはおとしておきましょう。どのような汚れがついているのか調べてカビであればエタノールを使ったり、手垢であったら重曹を使ったりすれば、ある程度の汚れは落とすことが出来ます。

障子や襖(ふすま)

障子や襖については補修をしておいても大丈夫です。それから、意外と見落としがちですが照明も大事です。内覧が昼間でも明るい照明をつけておけば、よく部屋が見ることが出来、良い印象を与えることが出来ます。

水回り

夫婦で物件を見に来るのであれば、奥さんが気になるのは水回りですから、そちらも丁寧に掃除をしておきましょう。

購入を最終決定するのは奥さんだという夫婦も多いので、そこで好印象を与えておけば売却しやすくなります。

キッチンはレンジ周りや換気扇の油汚れをしっかりと落とし、シンクもゴミがないようにしておきましょう。なかなか落としにくい汚れは重曹やクエン酸を使えば、落としやすくなります。水道水を毎日使っているとこびりついてくる白い跡いわゆるカルシウム水垢はアルカリ性ですから、酸性のクエン酸で中和すれば落ちやすくなります。

浴室、トイレなども同様に洗剤や重曹などを用いて、綺麗に汚れをおとしていきましょう。

フローリング

歩き回るときに目につくフローリングについては、綺麗に汚れを拭き取るべきですが、出来れば日頃からワックスをかけておくと、艶が出ますし汚れがつきにくくなるので良い印象を与えやすくなります。もしも、傷や凹みがついてしまっているならば、遠目ではわからないようにキズ消しクレヨンや補修用ねんどがホームセンターなどで販売されているので、手に入れて対処しておきましょう。

臭い

目に見えない部分にも気を使うとすれば臭いです。住んでいるとどのような臭いでも慣れてしまうものですが、始めて訪れる人にとっては不快感を与えるかもしれません。各部屋に芳香剤や消臭スプレーで匂い消しをしておくという方法もありますが、人によっては苦手という場合もあります。元から匂いを消したいのであれば、オゾン脱臭機などを購入しておくと、部屋に染み付いたペットの臭いなども消すことが出来ます。