今の家に住んだまま家を売ることは可能です | OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア

今の家に住んだまま家を売ることは可能です

暮らし

住宅を売ることを希望している方の中には、今現在そのマンションに住んでいる方や、一戸建て住宅に住んでいる方も大勢います。また、このような方の中には、新しく住む住宅に関しては、物件を売却した後に購入することを考えている方も大勢います。

住宅の購入に関しては、非常に高額な買い物になることから、多額の頭金を用意してから購入手続きを踏むケースが多いものです。新しく物件を購入するような場面では、頭金について、今現在所有している不動産物件を売却して、その後に得ることのできるお金を頭金にすることを決めている場合も多い傾向にあります。

このような場合では、それまで住んできた不動産に居住したままで売却活動を行うことが必要になってくるケースもあります。初めて売却活動を行う方の中には、住みながら売却するという方法が可能か不可能か分からない方も多いかと思いますが…実際には、居住しながらでも売却活動を行うことは十分に可能です。

住宅の売買を行う上では決して珍しいことではなく、住みながらでも仲介会社では十分に対応しているので、問題なく売却活動を進めることができます。

居住したままの売却活動には、一定のメリットがある!

空室して売却活動を行う場合では、新しい物件を購入するまでの期間を賃貸アパートなどを借りて住む必要が出てきますが、住みながら売却する方法では、余計な家賃を支払う必要がないメリットがあります。

また、購入希望者が現れた場合でも、室内には家具類や電化製品などが揃っていることになるので、購入後のシミュレーションを行いやすい環境で購入を決めてもらえるメリットもあります。

売り出しを始めるにあたって

不動産会社をパートナーにするために、インターネットなどを活用して相応しい業者選びを行うことが必要になり、媒介契約を結ぶ方法で、売り出しを行うことができます。

居住者は普通にそのまま生活を送ることができますが、室内や室外に関しては十分にお手入れをしておくことも大切なポイントです。

例えば一戸建て住宅の場合では、エクステリア周辺の片付けを行っておくことも良い方法で、外塀などが汚れてしまっている場合では、綺麗に水洗いを行っておくことも一つの方法です。

室内に関しても、当然ながら整理整頓を行う必要があり、できるだけ室内が綺麗に見えるように配慮することが必要です。

特に水周りのスペースに関しては、細かくチェックされてしまう場所になるので、丁寧に掃除を行っておくことも大切なことです。

引渡し時にトラブルにならないよう早めの準備を

居住しながらの売却活動に関しては、特に制限なく売却を行うことができますが、契約の中で引き渡し期間が明確にされることになるので、居住者はそれまでの間に新居に引越しを行うことが求められます。

不要品は廃棄・売却

引き渡し後は、他人の物件になってしまうので、不要品などがあれば事前に廃棄したり、専門業者へと買取りを依頼することも良い方法です。

引っ越しを意識を意識した生活

実際に購入者が出た場合では、できるだけ早期に引き渡しを行うことが一般的になるので、普段から引っ越しを意識を意識した生活を行うこともスムーズにことを進める方法です。

不動産会社にもアドバイスをもらう

物件の状態次第では、前もってハウスクリーニングに依頼することにメリットを感じる場合もあるので、随時不動産会社の方と話し合いを行った上で決めることで解決できます。

簡易的にリフォーム可能な場所があれば、その部分の施工も済ませる方法で早期に売却できる可能性も高まるので、おすすめの方法として挙げることができます。

まとめ

売却が決まり、売却額などが実際に明確になってから、新居の契約を行う方法で失敗せずに安心できる住宅ローンを組むことができます。居住したままの売却活動でも問題なく対応できますし、居住したままの売却活動にも一定のメリットがありますので、先ずは売却活動に積極的に取り組んでくれる不動産業者を探して、ご相談を。

不動産査定サイトおすすめランキング



このページの先頭へ