早くて簡単!匿名査定のメリット

不動産の売却を検討する際に重要なことは、必ず複数の業者に査定を依頼するということです。

業者や担当の営業マンによって提示する査定の額は異なることが多く、1社だけに依頼したのでは査定の額が高いのか低いのかが判断できません。

しかしながら、現実問題として複数の不動産業者に査定を依頼することは時間的にも大変ですし、エネルギーも必要です…。

最近注目を集めているネットでの一括査定であれば、不動産業者とのやりとりなどに時間を取られないため、迅速に多くの情報を得ることができます。

ただし、複数の業者に一斉に個人情報が流れることに抵抗があるという方も多くいます。

これらの問題を解決するのが、ネットでの匿名査定です。

あらかじめ売却する不動産の相場を知っておけば、査定を依頼した不動産業者やその先の買主と有利な交渉ができる可能性が広がります。

自分でポータルサイトなどを検索して似た物件を探すという方法もありますが、調べられるのはあくまで売り出し価格です。

査定の正確性は大丈夫!?匿名サイト利用の注意点は?

一般の住宅の場合は、取引事例の比較によって査定額が計算されます。

さらにマンションなどは築年数や階数、部屋の方角などを考慮して「坪単価」が算出され、物件の査定額が決められます。

大手の不動産会社では細かく加点・減点などの規則が決まっていますが、営業マンの勘と経験で決めるような業者もあり、査定の基準は業者によって様々であるのが現実です。

ネットの匿名査定は豊富な取引事例とAI(人工知能)を使用しており、非常に査定の精度が高いのが特徴です。

ただし、AIといえども不動産の内覧はできません。さほど築年数が経過していない場合でも、リフォームが必要なほど部屋が傷んでいる場合は、実際の査定ではマイナスになる可能性が高くなります。

眺望や間取りの配置など、感覚的な部分で高い値がつくこともあります。また、戸建ての場合は一般的に残存価値が0円と判断される場合でも、現実の売買では高い値がつくケースも多くあります。

そのため、一般的な状態のマンションや土地の査定には非常に高い精度の査定が期待できますが、最終的にはあくまでプロの目による内覧が必要であることには注意しておきましょう。

信用できる査定とは!?数多くある匿名査定サイトの選び方

不動産売却を成功させるためには、匿名査定サイトの選び方にも注意が必要です。

チェックしておきたい大切なポイントは、その査定サイトが不動産の情報について十分な実績を持っているかということです。

レインズなどの成約価格にアクセスできれば、匿名査定サイトを立ち上げることはさほど難しいことではありません。そのため、不動産とは全く関係ない業者でもこういったサイトを開設することも多くなってきました。

しかしながら、相場の平均を提示することと実際の査定とでは、求められる知識や経験が全く異なります。

AIを活用するといっても、基本的なサイトの設計の時点で大きな技術の差があります。不動産売買に熟知した匿名査定サイトは、ポータルサイトや売買・賃貸情報などで実績をもっています。

これらのポータルサイトなどを経由して利用すれば、安心して匿名査定のサービスを受けることができます。

また、大手の不動産会社が自ら匿名査定のサービスを提供しているケースもあります。情報を扱うだけでなく、豊富な売買実績を持つ不動産会社が直接行っているため、非常に信頼性の高いサービスです。

不動産会社選びの参考に!匿名査定を上手に利用

実際に不動産を売却する段階では、不動産業者に売却の依頼をするのが無難です。

実際に広告活動を行い買い主を探してくれるのは不動産業者であるため、いかに信頼できる業者を探すことができるのかが重要になります。

売却を依頼する際は同時に査定も行うため、匿名査定で得た情報が大変役に立ちます。すでに相場や査定額を知っている売主は、不動産業者と対等に交渉することができますし、不動産業者の選定についても冷静に判断することができます。