路線価

土地の価値を知りたいときには、路線価をチェック!

税金の計算に用いられる路線価

相続税や固定資産税などの税金と関わりが深いのが、路線価です。路線価は道路沿いの宅地の評価額であり、1平方メートル当たり幾ら、という形で国税庁や自治体から公示されます。

路線価は、相続税や贈与税の計算に用いる「相続税路線価」と、固定資産税を出すときの「固定資産税路線価」に分かれており、それぞれの評価額には違いが。

こういった路線価は、税金の計算のみならずいろいろな目的で利用されている状況です。その土地が面している道路が1つの基準になるため、土地勘のない場所でも比較的イメージが湧きやすい評価額と言えるでしょう。

相続税路線価は「国税庁」から、固定資産税路線価は「各自治体の長」が公示を行います。

土地の相場を知る手がかりに

路線価は、土地の価値を知る上でも大いに活用できる基準です。土地を売買するときには、手始めに相場を知ることが必要になってきます。

このような時には公示地価が1つの参考になりますが、エリアによっては公示地価だけでは、相場が把握しきれない場合があります。

路線価は、こういった場合に参考になる基準の1つです。

その土地が面している道路が分かれば、全国どこでも路線価は把握ができます。従って、あらゆる状況で役に立つ便利な基準として不動産取引でもよく活用されます。

不動産の売買では、売主側も買主側も正確な相場を知りたいというのが本当のところです。

不動産取引は、基本的に当人同士の話し合いで売買価格が決定されます。公的機関が発表する公示地価や路線価を根拠にすれば、お互いが納得できるような金額で取引が進められるでしょう。

路線価を利用することで取引が有利になることも

例えば、路線価を参考にして土地の売却を進める場合、どの道路に面しているかが重要になってきます。

路線価が高い道路に接している土地であれば、取引においても有利になる可能性があります。

土地の売買ではさまざまな要素が価格決定の際に加味されますが、路線価の高さを1つの根拠とすれば、当初の予定よりも売却金額をアップできる可能性もあるのです。

大きな道路に面している土地などは、このような路線価のメリットを享受しやすくなります。

土地の売買を有利に行いたいときには、路線価をチェックしてみるのも1つの方法です。

逆を言えば、土地を購入する側も、路線価を利用して有利な取引を進めることは可能です。

路線価でデメリットが生じるケースとは?

接している道路を基準に評価額を決める路線価は、時にデメリットを生じさせることも…。

例えば、同じ道路に面していても物件によって土地の形状や立地環境などは千差万別です。

がけ地にある土地や三角形の土地などは、一般的な四角形の平地とは条件が異なります。

近隣の建物や樹木の影響で日当たりが悪くなっている場合も、日当たり良好の土地と全く同じ条件とは言えなくなります。

こういった土地の場合は、単純に路線価で価値を決められないのが現実です。

従って、路線価を基準にしてしまうと、実際の価値よりも土地の価格が高くなってしまうことが考えられます。土

地を購入する場合には、特にこういった路線価のデメリットを被らないように気を付けましょう。図面だけではなく、実際に現地で土地の形状や立地、日当たりなどを詳しくチェックすることが必要です。

いろいろな方向から土地の価値を探るのがベスト

土地の価値を正確に把握することは、不動産取引で損をしないためにも大切になるポイントです。

路線価はもちろん、公示地価や不動産業者の見解などを調べておくと、総合的な判断ができるようになるでしょう。

素人の場合は、1つの基準だけでなく複数の情報をミックスして判断をした方が概して客観的な結論が出ます。

これから土地の売却や購入を考えている方は、土地の価値を知るための方法を知っておきましょう。

不動産鑑定士などのプロに鑑定を依頼するのも1つのアイデアですが、このような調査を頼むと一定の費用がかかります。従って、情報収集の段階でコストがかかりすぎてしまうこともあるのが難点です。