土地を売却する前に知っておきたい測量のこと | OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア

土地を売却する前に知っておきたい測量のこと


土地を売却する際には測量を行っておく方がベターと言えます。測量を行う理由としては境界に関するトラブルを避けるためというのが一番の理由ですが、売却価格を決める際にも欠かせません。測量は必ずしなければならないということではありませんが、しておいた方が後になっていいことが多いというのが実情です。

測量は自分の身を守ることにもつながる

登記簿に記載されている土地の面積が実際と食い違いを見せることが多々あります。例えば、明治時代に測量したものをそのまま登記簿に記載しているなどの事例が原因となります。明治時代の場合は、縄を用いるなどかなり原始的な手法が一般的でした。しかし、今は最新技術を用いて行うため、より確実な数値を出すことが出来ます。

結果として面積にかなりの差が生ずることになり、土地の売却価格に大きな影響を与えることになります。土地を購入する場合、もしくは売却する場合には境界を確定させるということが大事であり、それが自分の身を守ることにもつながるのです。

測量の方法について

測量の方法ですが、まずは土地に関する調査を行います。過去に計測をしているのか、登記簿などをもとに調べていきます。それだけに及ばず、航空写真などを用いて調査をしたり、隣接する家を回り、話を聞くことも行います。

境界を確定させていないところはまだまだ多く、曖昧になっているケースがほとんどです。このことからもこの段階である程度の面積が決まるということはなく、まだ様々な可能性を残している段階です。

下調べを済ませた後にいよいよ測量がスタートします。最初にすることは、土地そのものを測るのではなく、その周りを調査することです。道路などに囲まれた土地の内側にある、境界標や建物、U字溝の場所を確認し、測ります。

これにより、土地の形状、そして面積が分かります。この面積と登記簿に記載されている面積を比較し、明らかな違いが見られれば、隣接する土地も同じように調査するということもあります。

面積を出した後はちゃんとした境界を定めることになります。この場合は図面を参考にし、図面上で計測などを行い、境界を確定させます。そして、ここで確定させた境界を実際に現地で示しますが、この際、土地を所有する人、隣接している土地を所有する人、役所の人などが立ち会いを行い、土地所有者の許可を得てようやく確定ということになります。

この場合、建物やブロック塀などが境界を越えている場合、今はどうしようもないけど、作り直す際には越えないようにしてほしいという覚書を取り交わすことがほとんどです。そして、境界標を設置し、道路証明の取得をすれば終わりです。

境界標にも色々あるので最適なものを選ぼう!

境界標があることで、ちゃんと計測した土地であるということが証明されますが、ここで注意したいのは境界標にも様々な種類があるという点です。

通常はコンクリートのものを使いますが、場合によっては壊れてしまうことがあり、永続性という観点で考えれば少し不安があります。

このため、ある程度お金をかけることも見られます。例えば、御影石を使うやり方です。

御影石を使うことにより、永続性を確保することが可能になります。加工するのに手間がかかる分高価になりますが、それだけ堅いことの表れとも言えます。

コンクリートの境界標を補強する根巻というものもあります。コンクリートの境界標の周りをさらにコンクリートで覆うというもので、永続性がかなり確保されます。

最近はプラスチックのものも登場し、加工が簡単なのが特徴です。残念ながら安定感に欠ける部分がありますが、それを補うため、ステンレスで補強するなど様々な改良がおこなわれることもあります。

このように境界標1つをとっても、色々な種類があり、土地の形状や立地によって決めることになります。

測量の費用と注意点

費用ですが、相場として数十万円というのが妥当なラインです。実際に3カ月程度かかるため、人件費などを考慮すればそれだけの費用になるのは仕方ありません。

この費用は土地の所有者が支払うケースがほとんどであり、出来れば支払いたくないというのが本音です。

ただ、トラブルを避けることを考えれば、決して無駄な出費とは言えません。実際に測るのは土地家屋調査士となりますが、これを誰が紹介するのかによって大きく費用が変わることになります。

たいていの場合は不動産業者が紹介することになります。すると、紹介料としていくらかのお金を業者に支払うことになってしまいます。もちろん、間違いはないですが、これ以上の費用負担は避けたいと考えている場合には、自ら土地家屋調査士を見つけるのも1つの手段です。

実際に探すのは難しいことではなく、インターネットを駆使し調査することが出来ます。また、友人などに紹介してもらうというのも考えられます。

最後に

土地を売却する際、してもしなくてもかまわないものに分類されがちな測量ですが、隣接する土地所有者とのトラブルは大変であり、出来れば避けたいのが本音です。だとすれば、土地をこの機会に計測するのが妥当とも言えます。

不動産査定サイトおすすめランキング



このページの先頭へ