土地を活用する方法の種類とメリットデメリットとは? | OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア

土地を活用する方法の種類とメリットデメリットとは?

空き地
土地を所有しているなら、何も活用しないまま放置状態というのは損でしかありません。土地は、単に所有しているだけでも維持費がかかるので、活用しないなら持っていない方が良いからです。

ただ、土地を活用する方法にはいくつもの種類があり、どのような方法をとれば良いのか迷ってしまうことも多いでしょう。そこで今回は、土地を活用する方法とそれぞれのメリットデメリットを解説します。

土地を活用する方法について

売却

土地活用方法として、まず売却があります。土地を売却すると、まとまった現金が入ってきますし、その後管理の手間がかからなくなり、経費も不要になる点がメリットです。

反面、土地という資産が失われてしまうこと、将来の値上がり益を得られなくなる点がデメリットです。

等価交換

土地活用方法には等価交換という方法もあります。これは、土地上に建物を建てることを前提に土地を売却し、土地価格に応じた分の建物を所有する方法です。

この方法なら、土地上に住んでいた場合でも引き続き土地上に居住を続けられますし、土地や建物の他の部分は他人の管理下におかれるので、リスクを分散できるメリットがあります。

ただ、土地という資産を失う点がデメリットです。

アパート・マンション経営

不動産の活用方法として、アパートやマンション経営があります。

これらは収益性が比較的高く、相続税などの節税効果が高いことがメリットです。

ただし、空室リスクがあるのと、転用が難しいこと、将来売却するときに売却損が出てしまうおそれがある点がデメリットです。

オフィスビル経営

不動産を賃貸活用する方法には、オフィスビル経営もあります。

この場合、アパート・マンション経営には向いていない土地であっても実行できますし、賃料も高額になり、収益性が高いです。相続税や所得税対策にも効果的です。

反面、建築コストが高くなってしまい、投下資本の回収が大変です。空き室リスクもあり、経営に行き詰まったときのリスクが高いことがデメリットです。

定期借地権設定

土地活用の方法として、定期借地権を設定する方法があります。これは、契約期間が終了したら必ず土地を返してもらうタイプの借地権です。

定期借地権のメリットは、自分ではほとんど投資が不要だということです。土地を貸すと、借り主が自分の負担で建物を建築して利用してくれるからです。もちろん、ローン利用も不要です。また、貸し地には相続税などの税制上の優遇措置がありますし、土地を手放さないので資産を手元に残せます。

反面、契約期間が最低10年と長期になるので、その間における土地の転用は不可能になりますし、収益性はアパートやマンション、オフィスビル経営などよりも低くなります。

駐車場経営

土地をそのまま貸す方法として、駐車場経営があります。月極駐車場なら初期投資は不要ですし、コインパーキングでも業者に借り上げてもらったら、初期投資がかかりません。

メリットは、投資が少ないことと、他の目的への転用が簡単なこと、更地に戻すのが容易なことです。

ただ、収益性は低いですし、駐車場の需要がある地域でないと難しいこと、ある程度形の整った広さのある土地でないと難しいことなどがデメリットです。

太陽光発電設置

土地活用の方法としては、太陽光発電施設の設置もあります。

メリットとしては、日照さえあれば良いのでどこでも実現出来ること、発電設備は建物にならないので、建築制限のある場所でも設置できることです。最近は、設備コストも減少しています。

ただ、収益性はそう高くはなく、税制面ではメリットがありません。また、今は電力会社が発電された電力を買い取ってくれる制度になっていますが、これがずっと続くとは限らないリスクがあります。

トランクルーム経営

不動産の活用方法として、トランクルームの経営もあります。貸倉庫を個人向けにしたようなイメージです。

メリットは、コストが低いことと、土地の形状や広さが問題にならないことです。利用者が集まったらそれなりの収益も期待できます。

ただし、ニーズが都会に集中しているので、田舎でのトランクルーム経営は難しいです。

最後に

以上のように、不動産の活用方法にはいろいろな種類があり、それぞれメリットデメリットがあります。自分の状況に応じて適切な活用方法を実行することが成功のコツです。
今回の記事を参考に、自分の土地に合った有効な活用方法を考えてみましょう。

不動産査定サイトおすすめランキング



このページの先頭へ