査定を依頼する方法と不動産会社の選び方

不動産の査定を依頼するときは、必ずしも高額な見積もりを出すところが良いとは限りません。

なぜなら、最初に不動産会社が提示した金額以上の値段で必ず売れるとは限らないからです。むしろ、売却希望額が高すぎて買受希望者が見つからず、維持費ばかりがかかった挙句に価格を下げざるを得ないというケースもあり得るのです。

そこで!一括査定サイトを利用して、実際の相場に近い金額の範囲内で高く算出している業者を選んではいかがでしょうか?!

きちんとした査定サイトでは、運営と不動産会社が互いに独立しており、客観的な視点から業者を紹介しています。無料で簡単に複数の業者から簡易査定の結果を取り寄せることができ、サイトによっては悪質な業者に対しては登録解除なども行ってくれるため、安心して利用できます。

査定方法の種類とは!?簡易査定と訪問査定の違い

不動産の査定には、大きく分けて二つのパターンがあります

簡易査定

一つが一括査定サイトなどで行われている簡易査定です。

こちらは、物件の種類や場所、広さ、築年数などの簡単な情報を提供するだけで、近場で似たような物件の取引状況を参考にして算出しています。

そのため、現地調査の必要がなく、短時間で結果がわかるというメリットがある反面、実際の査定とはかけ離れた金額になることもあります。

一括査定サイトでは、簡易査定による金額を不動産会社ごとに提供して、所有者が興味を持った不動産会社に直接連絡を取り、現地の査定を依頼するという流れになっています。

訪問査定

一方、実際に現地に出向き、所有者立会いの下で担当者が詳細な査定をする方法を訪問査定といいます。

簡易査定同様に周辺物件の相場を参考にしていますが、前面道路や物件の外観、日照、地形などの様々な条件から加減して、より精度の高い見込み額を算出します。

会社ごとの基準もありますが、不動産流通推進センターのマニュアルも使用しており、実際の取引に近い金額となります。

こちらは担当者と直接話せるので業者が信頼できるか判断しやすいというメリットがありますが、立ち合いをしなければなりません。

精度の高い査定を!査定に必要な物件情報とは!?

不動産の査定を受けるときには、共通して必要な情報があります。

査定を依頼した所有者の住所氏名、連絡先のほか、売却を考えている物件の所在(住所)や戸建てかマンションか賃貸物件かなどの種類、築年数、敷地面積や床面積などが必要になります。これらは、不動産の登記簿謄本に記載されています。

また、居住中か賃貸中か空き家かなどの現況、不具合の有無やリフォームをしたかなども聞かれます。耐震調査などを行っている時には、その結果がわかるものも用意しておくとよいでしょう。

訪問査定の場合には、これらの情報のほかに外観がきれいか、見た目に問題がなくても心理的な瑕疵がないかなどの確認もあります。

逆に言えば、これらのポイントをしっかり確認し、目立った汚れや傷などは修理をしておいたり、査定の際に必要と思われる書類は前もって用意して置いたりすることで、手続きをスムーズに進められます。

同じような条件の物件でも、きちんと書類がそろっている不動産のほうが、買受希望者としては信頼できるという認識になり、購入の方向に気持ちが向くものです。

査定のポイントを押さえて賢く売却

このように、不動産の査定にはいくつかのポイントがあります。しかし、本来の目的は、査定ではなく売却の段階でどれくらい高く売ることができるかになります。そのため、査定で指摘されたポイントをしっかり改善したり、必要書類をできるだけそろえたりして、買受希望者がこの物件を購入したいと思えるように努めることが大切です。