価格設定

不動産の売却先として存在するのが不動産会社や個人などですが、一般的にマンションなどの不動産を売るなら不動産会社に仲介役になってもらい、個人に売却する方法に人気が集まっています。

まず、仲介役となる不動産会社に依頼することになりますが、契約を結ぶ前に売る予定の不動産を査定してもらうようにします。査定結果の金額を見て、この不動産会社なら高く売れるだろうと判断し、契約を結ぶ流れになります。

査定価格と売り出し価格の違いについて

但し、売却時に注意しなければならないのが、査定価格と売り出し価格の違いです。

査定価格とは

その名の通り、不動産会社に査定を依頼して判明した金額です。机上査定と訪問査定の2種類が存在します。

机上査定とは

現地で不動産を見ずに平均的な相場で不動産会社が提示する金額ですので、参考程度の簡易的な内容です。

訪問査定とは

不動産会社の査定のプロが現地で実際に確認してから結果を出しますので、価格の信頼性が高くなります。

査定価格の価格設定は、原価法と収益還元法、取引事例比較法によって決まります

原価法は今の時点において、その不動産がどのくらいのコストで建てることができるのかを計算して価格を決定します。古い物件であるほど安く仕上げられる可能性が高くなる傾向があります。

収益還元法は、投資目的としての価値で判断する価格です。その不動産を買取って、賃貸物件として利用した際に、どの程度の利益を生み出すかといった内容になります。

取引事例比較法は、似たような不動産物件が過去にどのくらいの基準や価格で売れたのかを参考にして、似たような価格設定にすることです。

これらの方法を用いながら、総合的に判断して査定価格を不動産会社が決めます。

売り出し価格について

こちらは不動産を売ることになった時の価格です。スーパーや家電量販店には値札のついた商品が並んでいますが、あれと同じで、実際の販売価格になります。

この価格を見て、購入予定の人が興味を持ったり、購入を断念するなどの基準にします。

売り出し価格は査定とは違って、不動産会社が一方的に決めるものではありません。最終的に決めるのは不動産の持ち主です。

つまり、不動産会社と契約して売却を依頼した本人が設定するという意味になります。

素人が決めることですので、価格設定がしにくいでしょうが、この時に参考になるのが査定価格になります。

不動産会社が提示した査定結果の金額は、その不動産の価値としてふさわしい基準を示している状態ですので、これに近い価格にすれば、一般的に売れやすいといえるでしょう。

査定結果を元に価格を決めますが、自由に設定できますので査定結果そのままの価格で売り出しても構いませんし、もう少し高く売れそうな自信があるのなら、強気の価格を設定してもよいでしょう。

早く売却したいなら、低めの価格で売り出せば、興味を持ってもらいやすくなります。

この辺りは商売と同じで、購入を予定している人との駆け引きになってきますから、不動産会社と相談しながら最終的な決断をしたいところです。

売り出し価格を売れやすい設定にすることも大切ですが、相手が仕掛ける根切り交渉の結果、あまりにも安く売却しないように、価格設定するよう注意が必要です。