土地を相続した場合、その土地に自分が住むような場合には特に問題にはならないでしょうが、その土地に住む予定がないようなケースでは、土地の活用方法については頭を悩ませることになる事も少なくありません。さらに、そこに建物がたっているような状況では、どのような選択肢があるのか、どんな方法を選べば一番良いのか、なかなか分かりにくいものです。

相続した土地を売却するつもりであれば、選択肢はいくつかあります。

土地と建物を一緒に売却する

まずは、その土地に建物がたっている場合には、その建物もあわせて売却するという選択です。ただし、このケースで重要なのは、まず、その建物にどのくらいの価値があるのかを見極めることにあるといえます。

築年数が浅い物件であれば、建物付きでも購入したいという人が現れる可能性も高いかもしれません。最近では、建築資材の価格が高騰していたり、人材の確保が難しい地域もあり、そのような場合には、中古住宅でも構わないと考えていたり、むしろ、中古住宅を手ごろな価格で購入して、必要な部分だけ、リフォームして住むという人も増えているので、建物があるから必ずしも不利になるというわけではないともいえます。

ただし、やはり、築年数がかなり経過していると、リフォームするためにも、屋根を補修したり、外壁を塗りなおしたりと、数百万単位での費用がかかってくる可能性も高いので、古い建物の場合には、その建物があるために、購入の候補にあがらないという事態にもなってくることでしょう。そのような点をみると、他の選択肢を検討する価値もあるといえます。

建物を取り壊して更地の土地を売却する

かなり古い建物の場合には、取り壊して、更地にして売りに出すという方法です。更地にすると、建物がある場合に比べると、一般的に需要は高くなる傾向にあります。

ただし、更地にするためには(土地の広さにもよりますし、元々の土地の状態にも大きく左右されますが))それなりの費用が必要です。

たとえば、建物を取り壊すとしても、鉄筋コンクリート造りの場合には、木造住宅と比較して、解体、撤去費用が高くなる場合も多いようです。

庭を更地に戻す費用に注意

また、やっかいなのは、建物だけでなく、庭を更地に戻すための費用です。昔ながらの邸宅では、庭石を置いていたり、大きな庭木が植えられているような場合もあります。このような石や樹木は、持ち主の思い出や思い入れがあることが多く、廃棄物のように取り扱われては忍びないということもあるでしょう。

また、住宅を解体する業者であっても、大きな庭石を運搬する機材を持ち合わせていない場合も少なくありません。そうなると、建物の解体を依頼する業者だけでなく、庭石や樹木を撤去できるような業者にも依頼する必要が生じることになり、そのための費用も莫大となる可能性も出てきます。

そこで、土地を更地にして売りに出す場合の選択肢としては、その更地にする費用を売主が負担するか、それとも、最初に売りに出した価格よりも値下げをするという条件で、更地にするのは買い手に任せるという選択肢が挙げられるでしょう。

中には、建物はいらないが、庭は残してほしいという買い手が現れるかもしれませんから、売りに出す時点では更地にしないでおいて、条件として、受け渡しまでに更地にします、という文言を添えておくことで、対処できるともいえます。

あらゆるケースを想定して慎重に売り出す価格を設定しよう

買い手がどのような希望を持っているのかは、実際に土地を売りに出してみないとわからないことですし、更地にした方がはやく買い手が見つかる可能性もありますが、建物の取り壊しや庭石や庭木の撤去代がかさんでしまうと、実際に売却した値段から、それらの金額を差し引いた額が実際の利益となるわけですから、それを想定して売り出す際の価格を設定することも大切です。

相場と自分の希望を明確にしておこう

しかし、相場とあまりにもかけ離れた金額を設定してしまうと、買い手がなかなか見つからないという事態にもなりかねません。ですから、どのような選択をすればよいか迷うのであれば、まずは、自分が、いつ頃まで売りたいと希望しているのか、その期限を明確にしておく必要があります。

最後に

少しでも早く売りたいと思っているのであれば、どうしても、売り手よりも買い手が有利になってしまうのは仕方がないことですし、更地にしてしまって、売りに出す方が、より多くの人の目にとまるともいえます。しかし、売却までの期間に、特に制限がなかったり、急いでいないようなケースであれば、まずはじっくりと、建物付きの状態で、広告を出してみて、反応を確かめてみるというのも選択肢のひとつといえるでしょう。

その状態でも問い合わせがあったとしたならば、建物付きでも需要があるということかもしれませんし、その問い合わせが止まってしまったとしたら、その止まった理由がどこにあるのかを調べることが売却までの近道になるともいえます。

一般的に、建物付きだったとしても、相場よりも安い物件であれば、買い手は見つかりやすくなりますから、慎重に判断したいものです。