得

土地を売却する主な手順と手段とは?

土地を売りたいと思ったら、まず不動産会社に依頼して土地にどれくらいの値段が付くのか査定してもらうことになります。土地には決まった値段が付いている訳ではなく、相場によって値段が決まります。査定する会社や人によって価格が変わってくるので、なるべく複数の不動産会社に査定を依頼するといいでしょう。

買手を探すのも、不動産会社に依頼するのが一般的です。不動産会社を利用して土地を売却するには「仲介」と「買取」の2つの方法があります。「仲介」とは不動産会社に土地の買手を探してもらう方法で、「買取」とは不動作会社に土地を買い取ってもらう方法を言います。

価格面で言うと仲介の方が優れていますが、時間で言うと買取の方が短期間で売ることができ、現金を早く手に入れられるというメリットがあります。

買主が決まったら、決済と登記を行います。売買代金の授受と登記手続きは、同時に行うのが理想です。そこで司法書士に同席してもらい、決済を行うのが一般的です。無事決済が済み登記手続きが終わったら、土地を買主に引き渡します。土地の場合は売主の所有物が残っていないか確認しておきましょう。

土地を売って得する場合と損する場合

土地を売却する際、知っておかなければ損をすることがいくつかあります。気を付けておけば防げると言う性質のものではありませんが、是非頭に入れておきましょう。

まず仲介と買取の2つの売却方法による差です。市場価格で売却できる仲介に比べ、買取はかなり安い価格で取引することになるので、結果として手元に来るお金が減ります。

ただし確実に売ることができる買取に比べ、仲介は買主が見つからなければ売ることができず、いつまで経っても売却できなければ場合によっては値下がりするリスクがあることを覚えておく必要があります。

また仲介による土地売却は、不動産会社に対して仲介手数料を支払わなければなりません。扱う金額が大きいだけに仲介手数料も高額になりがちです。事前に計算しておきましょう。

また、土地を売ったことで利益を得ると、譲渡所得税という税金が科せられます。利益の額によって税額が変わるのはもちろんですが、どれくらいの期間土地を所有していたかによっても税率が変わるので、知らないと思わぬ損をすることにも繋がります。特に相続によって手に入れた土地を売却する場合は注意が必要です。

得を最大限・損を最小限にする方法

土地の売却で損をしないためには、まず土地の査定に関して複数の依頼を出すことが必要です。不動産会社は経験によって売れそうな値段を出してくれますし、不動産鑑定士に依頼すれば第三者の目線で土地の価値を査定してくれます。

特に不動産会社への依頼は複数出すのが基本です。注意したいのが、不動産会社が出す査定額は、あくまで「売れそうな価格」であって「売れる価格」ではないという点です。そこを認識しておかないと肩透かしを食らうことになります。

また契約を取るためにわざと高い査定額を出す不動産会社もあるので、やはり複数社に査定してもらうのが安全です。インターネットの一括査定サイトを利用する方法もいいでしょう。

譲渡所得税に関しても押さえておきましょう。所有期間が5年以内と5年以上では、税率がかなり異なってきます。場合によっては売るタイミングを見計らうことも、損をしないためには必要です。

譲渡所得税は売却益が出なければ払う必要はありません。ただ相続などで得た土地を売却する際、取得費が不明で売却益が多くなり、税金が高くなることがあります。

まとめ

土地の売却はそう経験することではないので、売る側に知識がないことが大半です。だからといって人任せにしていると、思わぬ損を被ったり、得られるはずだった利益を得られなくなる危険があります。扱う金額が大きいだけに、トラブルになると大変です。それを避けるためにも、必要最低限の知識を得てトラブルを回避することが大切です。