離婚後の住宅ローン問題は後回し厳禁 | OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア

離婚後の住宅ローン問題は後回し厳禁

離婚

「三組に一組は離婚する時代」と言われていますので、周囲にも離婚を経験したことがある人はたくさんいるものかもしれません。相手のことが嫌で嫌で仕方なくなって離婚をすることはできるとしても、離婚に関連した全ての問題がそうすんなりと行くものではありません。結婚をした二人が別れるということは、たくさんのことを解決をしてから別れなくてはならないのです。

離婚後の住宅ローンの問題

財産分与や、子供の親権などたくさんのことを決めていかなくてはなりませんが、その中で問題になりやすいのが、住宅ローンの問題です。家を建てたものの住宅ローンが残っている場合にはどうすればいいのでしょうか?

例えば妻が「家はいらない」と言い、夫が「自分だけが暮らしてローンを支払い続ける」と言うのであれば、それはそれでいいかもしれませんが…

双方が「家はいらない!」といった場合にはどうすればいいのか?…ということになります。

もしも家を財産として売却をする場合には、住宅ローンの残りがどうなるのかで話が変わってきます。

住宅ローンを完済出来た場合

家を売り、そのお金で住宅ローンの完済が出来ればそれでいいでしょう。

完済が出来るだけの金額で売却が出来た場合に、さらに余ったお金があるのであれば、そのお金を二人の財産として分割をすることもできます。

不動産売却をすることによって、住宅ローンの問題は解決できますので、それでいいでしょう。

しかし家を売却したとしても、ローンが残るのであれば大変です。

住宅ローンを完済出来なかった場合

住宅ローンが残るとなれば、残りの金額を現金で用意しなくてはなりませんので、その支払いをどうするかという問題が出てきます。

二人の共有財産の中で現金を用意できれば、ローンもなくなる形になりますので、家の問題は解決することが出来ます。

しかし、例えばの話ですが…

残債が3000万円あるというのに、家が2000万円にしかならず、現金も500万円しか用意できないのであれば、すべての支払いを終えることが出来なくなります。

その場合には、任意売却の相談を専門家にするようにしましょう。

不動産売却を任意売却をすることが出来れば、残債が残っていてもそのお金を全て今スグ用意しなくてもよくなります。(※分割払いするなどして時間を掛けて返済していく形となります。)

住宅ローン問題は後回しにしない

住宅ローンのことに関しては、夫婦でももめやすい点です。

二人で幸せを築いていくために購入した家のことでもめたくはないものですが、後回しにするのではなく、はっきりさせておかなくてはならない部分です。

支払いを滞らせたままでいると、妻が連帯保証人になっていると、すぐに請求が来ることになりますので、そのまま放置することもできません。

支払えないとなれば、競売にかけられてしまうこともありますが、それではいけません。最適な方法で不動産売却をすることが出来れば、リスクを最小にすることが出来るでしょう。

関連記事:競売のデメリットと任意売却のメリットを知ろう~住宅ローンが払えない人へ~

相談をするのであればどこ?

相談先としては、弁護士や司法書士、不動産業者や任意売却専門業者などがあります。まずは離婚のことを相談している弁護士がいる場合には、その弁護士に相談をしてみてもいいでしょう。

弁護士に相談することによって、次にどこに相談をすればいいのかを教えてもらうことが出来ます。離婚を得意としている弁護士だとしても、不動産に関しては弁護士よりも任意売却の専門業者やコンサルタントのほうがスペシャリストになります。

しかし弁護士を通してそれらの業者を紹介してもらった場合には、手数料が発生することもありますので、その辺りも確認をしなくてはなりません。少しでも出費を抑えたいのであれば、独自に信頼出来そうな業者を探してみるといいでしょう。

不動産査定サイトおすすめランキング



このページの先頭へ