• 不動産売却で後悔しない為の知識を得たい!
  • 住宅ローンを完済出来るよう高値で家を売りたい!
  • 信頼できる実績多数の不動産査定サイトを利用したい!
  • 相続した不動産を早く売却してしまいたい!



不動産売却を検討している方の「抱えている事情」は人それぞれですが、どなたにも共通していること、それは「可能な限り高く売りたい!」ということではないでしょうか。

当サイトでは、あなたが持っているその希望を叶えられるよう不動産売却に関する情報を掲載しております。実績多数の有名な不動産査定サイトに関する情報を掲載しておりますので是非お役立て下さいませ。

実績多数の不動産査定サイトおすすめランキング

  1. HOME4U

    HOME4Uとは

    HOME4Uは、2001年に始まった不動産査定サイトです。この種のサービスとしては日本初で、すでに17年の運営実績があります。運営会社は、株式会社NTTデータスマートソーシングというNTTのグループ会社です。

    全国対応しており、登録業者数は550を超えていて申し分ありません。利用者は、最大6社に一括で査定依頼を出すことができます。

    HOME4Uの強み
    まず、日本初のサービスで非常に実績が豊富です。すでに運営実績が17年となっており、且つ年間の利用者数が400万人となっていることからも、多くの人に指示されていることがわかります。

    運営会社がNTTグループということも安心材料です。また、HOME4Uは、個人情報保護方針が明確です。不動産査定サイトを利用するときには個人情報の漏えいが心配ですが、HOME4Uはプライバシーマークを取得しているので、ネット上に個人情報を入力しても安心感があります。

    さらに、HOME4Uは、悪質業者を徹底的に廃除しています。独自の基準で、参画できる業者の審査を行っているため、登録されているのは良質な業者だけですし、登録後もHOME4Uがパトロールしているため、問題のある業者は廃除されます。

    業者数も550社を超えていて、十分です。このように、HOME4Uは、顧客の求める便利さと安心を両方提供してくれるサイトです。

    HOME4Uの気になる点
    HOME4Uの気になる点は、査定できる対象の物件の種類が少ないことです。個人所有のマンションや一戸建、土地などにしか対応しておらず、事業用の不動産や投資家の物件売却には向いていません。サイトの利用対象者は、個人でマイホームを売りたい人に限られてくる可能性があります。これらの利用対象者に該当するようでしたら、HOME4Uはおすすめできるサイトです。
    ※現在は、個人所有のマンションや一戸建、土地だけでなくビル一室、店舗・事務所・倉庫、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟…と様々な不動産の査定に対応しておりますので、多くの方に非常におすすめの不動産査定サイトといえます。
    HOME4Uの評価
    運営実績 登録業者数 個人情報保護方針 総合評価
    sogood good sogood sogood

    HOME4U

  2. RE-Guide(旧:SBI不動産)

    RE-Guide

    RE-Guideとは

    RE-Guideは、株式会社ウェイブダッシュという会社が運営している不動産査定サイトです。この会社はSBIグループの会社で、RE-Guide自身、以前はSBI不動産査定という名称のサイトでした。

    サイトの開設は2006年と古く、運営実績は豊富です。登録業者数は550を超えており、全国対応しています。一度に10社に査定依頼を出すことができて、高い査定を出してくれる不動産業者を探すことができます。

    RE-Guideの良い点
    まず、サイトの開設が2006年であり、老舗で信用性が高い点がポイントです。運営実績は11年以上となっており、多くの人に支持されていることがわかります。

    運営会社が有名企業であるSBIの系列であるところも安心につながります。何か問題があったときには親会社が対応してくれるだろうという期待が持てます。

    また、登録業者は550社以上であり、すべて名称が公開されているところも、ポイントが高いです。さらに、登録業者については厳格な査定を行っているということなので、悪質な業者が混じっている可能性は低くなります。

    不動産査定サイトを利用するときには個人情報の漏えいが心配ですが、RE-Guideはプライバシーポリシーを明確にしていて安心感があります。

    このように、RE-Guideは、登録業者数も多く、顧客の安全管理もしっかりしているので、利用者にとっては非常にバランスのとれた良いサイトであると言えます。

    RE-Guideの気になる点
    RE-Guideには、特に気になる点はありませんが、強いて言うならイエイやイエウールなどの他のサイトと比べると、登録業者数が少ないことくらいです。

    ただ、550社も登録しているのですから、十分とも言えます。むしろ、登録業者数を厳格に審査している結果と評価することも出来ます。

    RE-Guideの評価
    運営実績 登録業者数 個人情報保護方針 総合評価
    sogood good sogood sogood

    RE-Guide

  3. イエイ

    イエイ

    イエイとは

    イエイは、株式会社Qが運営している不動産査定サイトです。すでに運営実績が8年を超えていて、多くの人による利用実績があります。

    全国の不動産業者と提携しており、登録業者数は1000社を超えています。一度に最大6社まで査定依頼を出すことができて、高い査定を出してくれる業者を探すことができます。

    イエイのおすすめポイント
    イエイのおすすめポイントは、まずは登録業者数が多いことです。全国1000社を超えているので、大手も中小も地方の業者も網羅しており、自分のニーズに合った業者を選ぶことができます。

    また、イエイは登録業者数が多いだけではなく、業者の管理も徹底しています。顧客から評判の悪かった業者については廃除するシステムを採用しているので、悪徳業者が登録されている可能性が低いです。このことは、利用者によっては非常に安心で重要なことです。

    次に、イエイにはお断り代行サービスがあるところもポイントです。不動産査定サイトを利用すると、業者からのしつこい勧誘に困ってしまうことがありますが、イエイなら、サイトが利用者の代わり仁尾断りの連絡を入れてくれるので、利用者が直接対応する必要がなく、安心です。

    さらに、イエイは、査定依頼後のサポートサービスも充実しています。電話によって丁寧に相談に乗ってくれるので、安心して利用できます。

    イエイの気になる点は?
    不動産査定サイトを利用すると、個人情報の漏えいが心配ですが、イエイでは、個人情報保護について特に言及していません。プライバシーポリシーも明示されていないので、少し不安があります。それ以外には、特段デメリットは見当たりません。
    イエイの評価
    運営実績 登録業者数 個人情報保護方針 総合評価
    sogood sogood normal sogood

    イエイ

  4. スマイスター

    スマイスター

    スマイスターとは

    スマイスターの運営会社は、株式会社シースタイルという会社です。全国対応で登録業者数は900社を超えており、その中から一度に最大6社に査定依頼を出すことができます。登録されている不動産業者の一部はサイト上で公開されています。

    45秒で入力が完了と書いてあるとおり、査定依頼を出す方法はとても簡単で早いです。利用者数もとても多い人気の不動産査定サイトです。

    スマイスターの強み
    まずは、登録業者数が非常に多いことです。2016年12月の時点で900社以上が登録していますが、この数字は、同種のサイトの中でもトップクラスです。

    また、特徴的なのは、情報保護に熱心なところです。まず、運営会社である株式会社シースタイルはプライバシーマークを取得しているので、個人情報の保護については信頼できます。また、物件情報も秘密厳守にしてくれるとサイト上に明記してあり、情報漏えいを心配する人でも安心して利用できます。

    さらに、非常に実績が豊富です。2016年12月の時点で、サイト利用者数が350万人を突破しており、多くの人に支持されていることがわかります。

    さらに、サイトを利用して不動産会社と契約した上で電話取材に応えると、5000円分のギフトカードのプレゼントをもらえる特典もあります。(※キャンペーン内容に関しては変更となっている可能性もございますので、必ずスマイスター公式サイトをご確認ください)

    スマイスターの弱み
    スマイスターの弱みは、業者の選定基準が不明なことです。どのような審査をしているのかがわかりませんし、問題のある業者への対応方法もわかりません。

    口コミを見たところ、利用後にしつこい勧誘が来たという口コミや、不動産業者の担当者に放置されたという口コミ、依頼を出したのに回答が得られなかったという口コミがありました。

    このように、スマイスターは登録業者数も多く、秘密厳守してもらえるので安心感はありますが、悪質な業者が廃除されていない可能性があります。そうはいっても問題なく売却ができて満足している人も多いので、気になる人は、一度利用してみると良いでしょう。

    スマイスターの評価
    運営実績 登録業者数 個人情報保護方針 総合評価
    good sogood sogood good

    スマイスター

  5. イエウール

    イエウール

    イエウールとは

    イエウールは、株式会社Speeeという会社が運営している不動産査定サイトです。2014年に始まったサービスですが、急激に成長しており、現在登録業者数は1200を超えています。

    一度に最大6社まで査定依頼を出すことができて、訪問査定と机上査定を選ぶことができます。返ってきた回答を比較して、高額な査定を出してくれる業者を選ぶことができます。

    イエウールの強み
    なんと言っても登録業者数が圧倒的に多いことです。サイトオープン後4年しか経っていませんが、既に全国1200以上が参画しています。大手だけでなく地元や地方の中小の業者も網羅していると言えるでしょう。そこで、イエウールを使ったら、自分のニーズに応じた業者を探しやすいです。

    また、イエウールは全国対応しています。地方に居住していて近くに不動産屋がない場合などにも、イエウールならネット上だけで簡単に査定依頼をすることができます。

    さらに、サイトが見やすくすっきりしているので、わかりやすく使いやすい点もおすすめです。

    イエウールの気になる点
    それは、サポート体制が充実していないことです。イエウールでは、電話サポートがありませんし、メールでの問い合わせに返信がない場合にクレームの持って行きようがないので、心配です。また、登録している業者の管理体制についてはサイト上に何の記載もありません。

    これだけたくさんの業者が登録していたら、悪質業者もいるかもしれないと思いますが、それらについての対策方法は全く不明なので、利用者は不安を感じます。個人情報の取扱についても、特に記載はありません。

    このように、イエウールは登録業者数は非常に多いですが、サポート体制、安全管理など、顧客に対する配慮や目線が少し足りない印象のサイトです。

    とにかくたくさんの業者の中から不動産業者を探したい場合や他サイトに登録されていない業者も対象にしたい場合などには、一度利用してみると良いでしょう。

    イエウールの評価
    運営実績 登録業者数 個人情報保護方針 総合評価
    good sogood normal good

    イエウール

  6. オウチーノ

    オウチーノ

    オウチーノとは

    オウチーノは、賃貸や売却などを含めた不動産ポータルサイトで、その中に不動産査定サービスがあります。

    オウチーノを利用すると、最大6社に一括で不動産の価格査定依頼を出すことができ、返ってきた回答の中から高額な査定を出してくれる業者を選べます。全国の500社以上の不動産業者が登録しており、業者名は一部開示されています。

    オウチーノの強み
    まず、サイトを見るとわかりますが、コラムが充実しています。不動産売却の初心者などで、売却の流れがわからない人や売却の際の注意点が知りたい人などにはとても役に立ちます。

    また、エリア情報を見ることができるサービスがあります。オウチーノで査定をするときには、対象物件がある都道府県などのエリアを入力すると、市町村の単位で、不動産取引の相場価格や対応可能な業者の一覧が表示されます。

    そこで、物件の査定依頼を出す際の参考になりますし、実際に依頼をする不動産業者選びをしやすくなります。

    オウチーノの弱み
    オウチーノの不安な点は、オウチーノに登録されている業者の選定方法が不明なことです。特に登録の際に審査をしているとも書いていませんし、登録後の監視をしているわけでもなさそうです。

    苦情が多い業者に対してどのような対応をしているのかもわかりませんし、しつこい勧誘があったときに対応してくれるのかも不明です。

    また、プライバシーマークもプライバシーポリシーもなく、個人情報の保護方針が不明なことも不安です。

    また、一般に「オウチーノ」と検索すると、賃貸情報サイトなどが表示されることも多く、他の不動産関係のサービスとの切り分けがわかりにくい点もデメリットです。

    ただ、オウチーノは、それなりに使い勝手が良いことは確かです。特にエリア情報が得られる点はポイントなので、関心がある人は一度利用してみると良いでしょう。

    オウチーノの評価
    運営実績 登録業者数 個人情報保護方針 総合評価
    good normal normal good

    オウチーノ

不動産を高く売るために不動産査定サイトを使うべき理由を解説!

土地や建物、マンションなどの不動産を所有していると、売却する機会が訪れることがあります。そうした場合、誰しもがなるべく高く売りたいと考えるでしょう。不動産を高額な価格で売却するためには、コツがあります。

中でも最も重要なことは、不動産査定サイトをうまく利用することです。そこで今回は、不動産査定サイトの利用方法、利用の際の注意点について、網羅的に解説します。

不動産査定サイトとは

不動産査定サイトとは、一度に複数の不動産業者に対し、不動産の価格査定を依頼することができるWEBサイトです。不動産を売却するためには、不動産査定サイトを使うと非常に便利です。

何故なら…サイトには全国のたくさんの不動産業者が登録しているので、その中から4~10社程度を選んで査定依頼を効率よく出すことができるからです。

そうすると、数日のうちに、不動産業者から査定結果についての回答があり、回答内容を見たら、自分が所有している不動産のだいたいの査定価格を知ることができます。

不動産査定サイトを利用すると高く売れる理由

不動産を売るときには、売り出し価格を決定しなければなりません。売り出し価格とは、不動産を売り始めるときにその不動産につける価格です。買い主は、この売り出し価格を見て、不動産に関心を持ち、声をかけてきます。

価格交渉の結果、どこまで不動産の売却価格を下げるかが問題になりますが、当初に一括査定サイトで何社かから査定価格を出してもらっていると、「それ以下には下げない」などの判断基準を持てるようになるので、やはり不動産を高く売りやすくなります。

ここでもし、不動産の価格相場を知らない状態で、売り出し価格が低い状態で売却手続きを進めてしまうと、どうしても低い価格で売却することになってしまいます。

そこで、不動産を高額で売りたいなら、なるべく高額な査定価格をつけてくれる不動産業者を探す必要があります。ただ、自分の足で歩いて不動産業者を探しても、どこの不動産業者が高い査定価格をつけてくれるかがわかりません。

ここで、不動産査定サイトを利用すると、効率的に査定価格が高い不動産業者を探すことができます。

このように、不動産査定サイトをうまく使ってなるべく高額な査定価格を出してくれる業者を選んだら、効率的かつ高確率で不動産を高額売却することができるのです。

不動産査定サイトの仕組み

不動産査定サイトには、全国のたくさんの不動産業者が登録しています。登録している不動産業者の数や内容はサイトによって異なります。そして、利用者は、それらの中から自分の売りたい不動産を取り扱っている会社を数社選び、一括で価格査定の依頼を出します。

このとき、対象の不動産の種類や広さ、場所などの条件を相手に伝えます。すると、依頼先の不動産業者から、メールや郵便などで回答書が届きます。電話がかかってくることもあります。こうした方法で、簡単に不動産の査定ができる仕組みになっています。

不動産査定サイトの利用方法

不動産査定サイトを使いたい場合、まずはどのサイトを使うかを決めないといけません。ネット上にはたくさんの査定サイトがあるからです。サイトの選び方については、後に項目を分けて説明します。

どのサイトを使うか決めたら、自分の氏名などの情報と、不動産に関する情報を書き入れる必要があります。依頼は匿名でできるサイトもありますが、不動産の情報については確実に正確な情報を提供する必要があります。そうしないと、回答が不正確になってしまうからです。

また、依頼を出す不動産業者の数と業者を選ぶ必要があります。サイトにもよりますが、最大4社~10社くらい査定依頼することができるので、気になる業者を選びましょう。

また、机上査定と訪問査定を選べるサイトも多いです。机上査定とは、書類上だけで査定をしてもらえるサービスであり、訪問査定とは実際に不動産のある場所に来てもらって査定してもらえるサービスです。

すべての項目を書き入れたら、情報を送信すると、依頼は完了します。そうすると前述の通り、即日または後日、メールや電話、郵便などで不動産業者から連絡がきます。訪問査定を選んだ場合には、不動産業者と打ち合わせをして現地に来てもらい、査定をしてもらうことになります。

最終的に、不動産業者からは「簡易査定報告書」「価格査定報告書」などの書面の形で価格査定を出してもらうことができます。複数の不動産業者からもらえた報告書の内容を比較することにより、最も高額な査定結果を出してくれた不動産業者を選ぶことができます。

不動産査定サイトを利用する際の注意点

机上査定と訪問査定がある

まず、先ほども少し説明しましたが、不動産の価格査定の方法には、机上査定と訪問査定があります。

机上査定の場合には、土地の登記情報などによって書類上だけで査定してもらえるので、現地に案内する手間はかかりませんし、とても早く査定をしてもらうことができます。ただ、不動産の状況に応じた正確な査定をしてもらうことは難しいです。

これに対し、訪問査定の場合には、不動産業者を現地案内しないといけませんし、査定が出るまでに時間もかかりますが、比較的正確な査定が可能になります。

マンションや一戸建てなどの建物の場合、同じ建築年数でも現状によってかなり査定価格が変わってくることがあるので、訪問査定の方が正確な結果が出ます。これに対し、土地の場合には机上査定だけで十分なことが多いです。

そこで、建物の場合にはできるだけ訪問査定を、土地の場合なら机上査定を利用するというのも1つの考え方となります。

一度にたくさん依頼しすぎない

不動産査定サイトを利用するときには、一度にたくさんの不動産業者に依頼しすぎないことが1つのポイントとなります。

サイトによっては一度に10社などに査定依頼を出すことができるものもありますが、あまりたくさんの業者に依頼を出すと、回答が一気に返ってきて、整理ができなくなってしまいます。結局面倒くさくなって放置してしまうことも多くなります。

また、たくさんの業者に依頼を出すと、それらの業者から一気に連絡が来るので、対応に追われることになり、手間も大変です。不動産査定サイトを利用するなら、依頼を出す先は3~4社程度にとどめておくのも1つの考え方です。

不動産査定サイトを利用するメリット

複数の業者に簡単に査定依頼ができる

不動産査定サイトを利用すると、複数の業者に簡単に査定依頼を出すことができます。このようなことは、ネットを利用しないと難しいです。自分の足で歩いて不動産業者を回るのとは、比較にならないほど効率的です。

査定価格が高額な業者を探せる

不動産査定サイトの何よりのメリットは、査定価格が高額な業者を探せることです。自分で自宅近くの不動産屋に行って査定をしてもらっても、その業者の査定価格が高額とは限りません。相場より安い価格で査定されても、それに気づかずそのまま売却手続きを任せてしまったら、不動産が安くでしか売れなくなります。

条件に合った業者を選べる

不動産査定サイトを利用すると、自分の探したい条件に合った業者を選ぶことができます。

たとえば、マンション売却に強い業者、土地売却に強い業者、大手の業者、地元密着型の中小の業者など、不動産業者にはいろいろな特徴があります。そうした中から、自分が依頼したいタイプの不動産業者を選んで依頼できることが、不動産査定サイトのメリットです。

良い担当者がついてくれる業者を選べる

不動産査定サイトを利用して複数業者に依頼すると、それぞれの業者の担当者から連絡が来ます。これにより、担当者の対応が良い業者を見極めることができます。

不動産を売却するときには、担当者と相談しながら手続きを進めていくことになるので、良い担当者がつくことが非常に大切です。また、良い営業マンがいる会社は、体質の良い会社であることも多いです。

ここで、複数の業者の担当者とやり取りすることで、良い担当者がついてくれる業者を選ぶと、結果的に質の良い業者を選ぶことにつながります。

無料で利用できる

不動産査定サイトは、完全に無料で利用できることが大きなメリットです。

これほど充実したサービスであるにもかかわらず、サイトの利用は完全に無料です。また、不動産の査定自身にも費用がかかりません。つまり、査定依頼から報告書をもらうまで、すべてが無料となり、利用者には一切の負担がありません。

キャンペーンなどもある

サイトにもよりますが、キャンペーンが行われているものがあるところも見逃せません。

たとえば、成約したときの仲介手数料の割引が受けられたり、成約するとギフトカードがもらえたりするサイトがあります。このようなサイトを利用すると、さらにお得に不動産を売却することが可能になります。

不動産査定サイトのデメリット

しつこい勧誘が来ることがある

不動産査定サイトを利用すると、査定依頼を出した不動産業者からしつこく勧誘が来ることがあります。

実際に売る気がないときなどには、対応が大変面倒です。そこで、不動産査定サイトを利用するなら、実際に不動産を売却する段階になってからにした方が良いです。また、このように勧誘が来る可能性を考えても、やはり査定依頼を出す業者数はある程度絞るべきです。

悪質な業者が混じっている可能性がある

不動産査定サイトを利用すると、相手がどのような業者であるかが正確にはわかりません。中には質の良くない業者が混じっている可能性もあります。不動産査定サイトを利用するときには、登録している業者がしっかり管理されているサイトを選ぶ必要があります。

個人情報が漏れる危険性がある

不動産査定サイトを利用するときには、自分の氏名やメールアドレス等の個人情報や、不動産についての情報を送信することになります。すると、サイト側から他にそれらの情報が漏れる可能性がありますし、情報の送信中にハッキングされるおそれなどもあります。ネットを利用する以上、これらの個人情報漏えいの危険性はある程度避けがたい部分があります。

賢い不動産査定サイトの選び方

以上のように、不動産査定サイトを利用すると不動産を高額で売却できるのでおすすめですが、不動産査定サイトには非常にたくさんあるので、どれを使えば良いか迷ってしまうことが多いです。ここで、賢い選び方を知っていると、より有利に不動産を売却することができるので、以下でご紹介します。是非とも押さえておきましょう。

登録業者数が多い

不動産査定サイトを選ぶときには、基本的に登録業者数が多いサイトを選ぶのがおすすめです。

不動産査定サイトを利用するとき、査定依頼を出す業者は、そのサイトに登録している業者の中から選ぶことになります。そこで、登録業者数が多いサイトほど、多くの選択肢があることになります。選択肢が多いということは、その分条件に合った業者を見つけやすいことです。

登録業者数が多いサイトは、都市部だけではなく地方まで全国津々浦々対応していますし、大手も地元の中小の業者も登録しているので、どのようなニーズにも応えることができます。できれば500以上の業者が登録しているサイトを利用することをお勧めします。

登録業者への監視が厳しい

不動産査定サイトを選ぶときには、登録業者数の数だけではなく、監視体制も重要です。

いくら登録業者数が多くても、悪徳な業者であれば意味の無いことだからです。サイトによっては、パトロールを行っていたり、顧客からのクレームが多い業者は登録を抹消したり、そもそも登録時に厳しい審査があったりなど、いろいろな監視体制を敷いているところがあります。

不動産査定サイトを利用するときには、登録業者数と同時に監視体制もチェックして、どちらも両立しているサイトを利用しましょう。

お断り代行サービスがついている

不動産査定サイトを利用すると、業者からのしつこい勧誘が来ることがデメリットですが、サイトによっては「お断り代行サービス」がついているところがあります。

お断り代行サービスとは、不動産業者に対し、サイトが代わりに断りの連絡を入れてくれるサービスです。これにより、しつこい勧誘がくることを避けられます。

プライバシーポリシーが明確

不動産査定サイトを利用すると、個人情報の漏えいが心配です。そこで、サイトを選ぶときには、個人情報の管理に配慮しているところを選ぶのがおすすめです。

具体的には、プライバシーポリシーをサイト上に明確に掲載しているサイトなどは安心感が高いです。

実績が豊富

不動産査定サイトを選ぶときには、これまでの利用実績や成約実績が豊富なところを選ぶことをおすすめします。

不動産査定サイトには、古いものから新しいものまでさまざまです。ネットサービスは比較的新しいものですが、サービスが開始されたと思ったらすぐになくなるようなものも多いです。ネット上でも長年営業を続けているサイトは、それだけ評価されているということなので安心です。

サイト上に、サイト開設後の年数や実績が掲載されているところも多いので、チェックしてみましょう。

不動産査定について知っておくと便利なこと

事前に自分でも相場を調べておく

不動産の価格相場を調べるには、土地の場合には土地総合情報システム
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

建物の場合にはレインズ
http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do)の取引事例などを参考にすると良いでしょう。

売り出し価格と実際に売れる価格は違う

不動産査定を行うときには、売り出し価格と実際に売れる価格の違いを知っておく必要があります。売り出し価格とは、当初に不動産を売り出す価格であり、実際にはここから値引き交渉される場合がほとんどですので、実際に売却する成約価格も売り出し価格より安くなる傾向が強いです。

そこで、売り出し価格は、実際に売りたい価格よりも高めにする必要があります。これらの価格設定の相談は、不動産業者との間ですすめていきます。そこで、やはり効果的なアドバイスをしてくれる良い不動産業者を選ぶ必要があるのです。

不動産査定サイトを使って上手に不動産を売却しよう

以上のように、不動産査定サイトを利用すると、不動産を高額で売却できる可能性が上がるので、とてもおすすめです。不動産査定サイトにもいろいろあるので、使いやすい良いサイトを選びましょう。

また、ここまで記してきたように「不動産査定サイトの使い方にはコツ」があります。今回の記事を参考にして、上手に良い不動産仲介業者を探して高値で不動産を売却しましょう!