自分だけが相続をする対象であれば、問題ありませんが、実際はかなりレアケースであり、たいていの場合は数名にその権利が発生することになります。 法定相続人として、被相続人の配偶者、子供などが該当します。仮に被相続人の子供が亡・・・